工藤元(kudogen)公式 映画・ドラマ評論家

工藤元(kudogen)。1990年生まれの31歳。大阪府在住。 映画・ドラマが大好きで、年間200タイトル以上を視聴しています。工藤元(kudogen)公式では、私が実際に視聴した映画・ドラマを、あらすじ・ネタバレでご紹介。感想・解説・評価もあわせてご紹介します。

映画

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード1「規則」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

投稿日:2020年5月15日 更新日:

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード1「規則」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。

※全シーズン全エピソードのあらすじ(ネタバレ)、製作・監督・俳優キャストについては別記事で詳しく解説しています。

『ホームカミング Homecoming』全シーズン全エピソードをあらすじネタバレで解説。登場人物・人間関係、キャスト、結末・ラスト、感想・評価も紹介

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』各エピソードのネタバレあらすじ

シーズン1

シーズン1の各エピソードについては、他の記事で詳しく解説しています。

シーズン2

  • シーズン2エピソード1「」
  • シーズン2エピソード2「」
  • シーズン2エピソード3「」
  • シーズン2エピソード4「」
  • シーズン2エピソード5「」
  • シーズン2エピソード6「」
  • シーズン2エピソード7「」
  • シーズン2エピソード8「」
  • シーズン2エピソード9「」
  • シーズン2エピソード10「」

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード1「規則」のネタバレあらすじ(概要)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

ハイディは帰還兵の帰国移行支援を行うホームカミングというセンターでカウンセラーとして働いています。ウォルターという新しい入居者と面談し、規則について説明します。

上司のコリンとハイディは、入居者から情報を集めるような秘密のミッションがあるようです。コリンから、特に食事に関連する人材はすべて経歴を調査するように指示があります。

ホームカミングで再就職の面接練習が行われていますが、些細なことで入居者とウォルターが殴り合いになります。入居者はみな不安や不満を抱えているようです。ウォルターも、自虐願望があるようです。

数年後、ハイディはセンターを退職してからダイナーで働いています。そこに国防総省のトーマスが苦情調査にやってきます。ホームカミングでは退所を希望しても受け入れられず、帰還兵が強制的に入居させられているという苦情です。

しかし、ハイディはセンターで働いていた時の記憶がなく、ウォルターの事も覚えていません。トーマスは何か隠しているような不審な印象を受けます。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード1「規則」のネタバレあらすじ・伏線・ストーリー(詳細)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

ハイディとウォルターの出会い

ハイディの部屋にウォルターがやってきます。ウォルターは、壁にはめ込まれた金魚の入った水槽を褒めます。記録用に録音すると伝え、インタビューを始めます。カウンセラーはハイディ・バーグマン、帰還兵はウォルター・クルーズです。

場面は数年時間が経過します。ハイディはダイナーで働いていて、オーダーを取ろうとすると、男が「ハイディ・バーグマンさん?」と聞いてきます。「前に会ったことが?」「DODIGのトーマス・カラスコです。国防総省の監察総監室。」ハイディは何のことか分かりません。

「あなたは帰国移行支援(ホ-ムカミング)センターで働いていた」とトーマスは言います。「ええ」「何年前?」「4年くらい。それが何か?」「プログラムへのクレームについてです。えーと、あなたが担当した帰還兵は・・・」ハイディはトーマスを遮り、外で話しましょうと言います。

場面はハイディとウォルターのインタビューに戻ります。帰国したウォルターに、ハイディは歓迎文を読み上げ、状況を説明します。ハイディはホームカミングセンターで働くカウンセラーで、帰還兵が帰国後市民生活に戻る準備のため仕事面も健康面もサポートしていると言います。

次に規則を説明します。食事は食堂で班ごとにとること、ワークショップに出ること、ハーディと面談することの3つです。ウォルターは遵守しますと答え、普通の人生に戻りたいと伝えます。最後に、「施設への入所は強制でないこと」を口頭で認めさせます(伏線です)。

ハイディとコリンの秘密

ハイディはインタビューが終わり、部屋に1人でいます。上司のコリンから電話が入ります。コリンは「新しいラボにいる。これからは(何かを)一貫して供給できる」と言います。ハイディが「薬は?」と聞くと「その言葉は口にするな。彼らは入所済みだ。用心しよう」と警告されます。

話題はハイディのいるホームカミングセンターの様子に移ります。このセンターは、コリンがオフィスビルを改装して作ったようです。コリンは「とにかく急いでデータがいる。6週間後に国防総省でプレゼンだから」と言います。さらに「いつデータをもらえる?彼らの全記憶をまとめろ」と言います。

ハイディは「ウォルターが(何かの)候補としてふさわしい」と伝えます。また、ハイディは被験者の信頼を得るために「全体的なアプローチから始めたい」と言いますが、コリンに「そんな事は国防総省に却下される。我々は信頼でなく情報を求めているんだ」と断られます。

コリンは「国防総省にコンセプトの正しさを示すデータを見せて、その承認を得ることが我々の目標だ」と言います。コリンはどこかの無菌施設にいるようで、従業員に清潔にしろと怒鳴っています。従業員はマスクと防護服をつけて、部屋を清掃しています。

コリンはハイディに「給仕助手の経歴を確認したか?」と聞きます。食堂で働く全員の経歴を調べろと指示します。ハイディは「私の仕事ではない」はないと言いますが、コリンは無視して「食事関係者は特に入念に調査しろ。ケータリング業者も、穴がないように全員の経歴を調べるように」と指示します。

ハイディは電話を切り、ため息をついて車に乗り込みます。車のナンバーはフロリダで、ホームカミングセンターには、「ミラーポンド」という看板が出ています。

ハイディとアンソニーの関係

ハイディはセンターから家に帰ってきます。パートナーのアンソニーが、主夫として料理を作っているようです。「今日の晩ごはんはカチョエペペ(チーズと胡椒だけのプレーンなパスタ)だよ」と嬉しそうに言いますが、ハイディは「ちょっと仕事してくる」と部屋にすぐ入ってしまいます。アンソニーはそんなハイディに不満そうです。

ハイディは1人食事をしていて、アンソニーは水を飲みながらそれを見つめています。ハイディは「おいしい」と言いますが、「冷めたけど」とアンソニーは答えます。あれから料理が冷めてしまうほど長い間仕事をしていたようです。「ごめんなさい、コリンから頼まれて」と謝ります。

ハイディは話題を変えて「今日は何してた?」と聞きます。アンソニーは「散歩して、飛行場まで行った」と答えますが、ハイディは「8キロはあるわよ、歩いたの?」と驚きます。アンソニーは「そんなにあるのか。気づかなかった」と言います。

「ジェット機があって、中でパイロットがコーヒー片手に新聞を読んでいてうらやましかった」「羨ましかった?何が?」「この美しい街を拠点にして動き回る生活さ」それを聞いて、ハイディは目を伏せため息をつきます。

「そしてパイロットと話をしたんだ。近くに航空学校があってさ・・・」アンソニーの話を遮り、ハイディは「アンソニー、一緒に来てくれて感謝してる。でも、あなたは戻れるのよ。仕事もまた見つかるわ」と言いますが、アンソニーは「あの仕事?俺は嫌いだね」と吐き捨てます。

アンソニーはハイディを見て「僕たち付き合い始めて1年だ。君は僕をいつも駆り立てる。確かに、君は失敗を乗り越え天職を見つけ、望んだ仕事についているさ」と自嘲気味に言うと、ハイディは「あなたは何がしたいの?」と聞きます。アンソニーは真剣な顔で「心機一転やりなおしたい、過去は忘れて君と一緒に」と言います。ハイディは黙って赤ワインを飲み、それを見てアンソニーは失望したように水を飲みます。

不満が募る入居者

ホームカミングセンターでは、ウォルターが靴店での就職面接の練習をしています。その様子を、他の入居者が見守っています。ウォルターは無難に練習を終え、面接官がウォルターを褒めます。「仕事について質問した時の回答が特によかった。面接は双方向だからね」

ウォルターが席に戻ると、シュライアに「良かったよ。2年で副店長になれる」と冗談を言われます。「その2年後は?」と聞くウォルターに、さらに「エリアの副責任者」とからかいます。

次はレイニーが指名されます。レイニーは入所4週目で、面接官は「1ヶ月後には実際の面接だ」と言います。面接官とレイニーは面接練習を始めます。レイニーは、態度があまりよくありません。

「戦場で学んだことがここ(靴店)で役立つことは?」「なにもない」他の入居者から失笑が漏れます。「よく考えて回答しよう」「戦場は砂漠だ、靴店はない」面接官はなだめるように、「先週、仲間に言っていただろう。戦場では(靴店でも)コミュニケーションが重要だ」と言います。

レイニーは考えながら「靴はサイズが合わないと感染する。靴が小さかったのに、俺はずぼらで頑固で・・・」と言いますが、途中でシュライアがヤジを飛ばします。「困ったやつだね」「何だと?何と言った?」レイニーはシュライアを睨みつけます。面接官からレイニーは続きを促され、「靴を履き続けていたら、傷ができ感染し、危うく足を切断するところだった。だから靴は大事だ」と言います。また失笑が起きます。

レイニーと面接官は言い合います。「こんな面接の練習は馬鹿げている!」「何が馬鹿げている?」「お前だよ!」立ち上がり今にも殴り合いそうな2人に、会場は騒然とします。ウォルターは止めようとレイニーに近寄り肩に触れますが、レイニーがいきなり殴りつけてきます。ウォルターは反撃し、2人は殴り合いになり、みなで必死に止めます。

ウォルターの不安

ウォルターとハイディが面接しています。ウォルターは「…それで、シュライアに止められた」と説明します。「それからどうした?」「部屋に戻って、ここに呼ばれた」「どう思った?その出来事を」ウォルターは答えます。「恥ずかしかった、自制できなかった自分が」

ハイディは助け舟を出します。「レイニーが殴ったのよ?報告書に書いてあるわ」しかしウォルターは「殴り返すなんて、僕らしくない。レイニーは変だ。プログラムの効果が出ていないんじゃないかな。僕もたまにおかしくなるし」と言います。「どう変なの?」「いろいろです」「例を挙げて」

ウォルターは、「大抵の場合イメージがうかびます。自虐行為ですね、不安の現れです」と言います。ハイディはうなずきます。ウォルターは続けます。「あくまで想像だけど…僕の部屋には机がある。机は、木の机で角が尖っているんだ。入所した時、なぜか僕はその角に自分の頭を打ち付ける想像をしたんだ。もちろん、いつもではないけれど」

「頻度は?」とハイディが質問した時、ペリカンの鳴き声で会話が中断されまる。「すごい」というウォルターに、ハイディは「私はイラつく。でも保護動物だから」と笑います。「深夜に迷彩服で捕まえて湿地に逃がしてあげるよ」「やってくれたら一生感謝するわ」すると、ペリカンが鳴き止みます。「想像で殺したよ」「ありがとう」

ハイディは「睡眠について問題ある?」と質問します。ウォルターは、「たまに悪夢を見る」と言いますが、ハイディは「それは正常よ」と安心させます。さらに、「誰かと同室にしましょうか。隊を離れて1人部屋だと寂しく感じる人もいるから」「そうか、それもいいかも」「シュライアはどう?」「俺はいいけど(ウォルターはシュライアと部隊が同じで、入所前から知り合いなので)、許されるのか?」と聞きます。ハイディは「どんなこともサポートする」と答えます。

失われたハイディの記憶

ハイディの勤務先のダイナー、ファット・モーガンズに場面が戻ります。ハイディとトーマスは、店を出て裏に行きます。「2分だけ質問を受けるわ」というハイディに、トーマスが「えーと、それでタンパのホ-ムカミングで働いていた?」と聞きます。「もう何年も前よ」「私は苦情の件で調べている」「私についての苦情?」「いえそうではないんですが、あなたは管理者でしたよね?」「いえ、カウンセラーよ」

トーマスに離職の理由を聞かれ、「怪我した母を世話するためよ。それでここで働いている の。家から通えるからね、他に仕事も無かったし」とハイディは答えます。「ダイナーの店長は、あなたの母のケガの事を知ってる?」「なぜそんなこと聞くの?」店長が心配して外に出て「大丈夫?」と聞きます。「すぐ戻る」とハイディは返事します。

「キャリアを捨てて戻ったから、恥ずかしいのよ」「カウンセラーでどんな事をしていたか、具体的に教えてもらえますか?」「兵士たちの心のケアよ。ただ、正直ほとんど覚えてない」そういうハイディに、トーマスは「私は情報を集めたいだけで、あなたを動揺させる気はないんですと言います。

「帰還兵は、センターに自発的に入所した?」「分からないわ」ハイディは少しイライラして、「身分証は?何か持っていない」と聞きます。トーマスは名刺を差し出して、「あなたの在籍中のことで苦情を受けたんです。特に問題はこれ。兵士は退所を望んだが許されなかった?」「私は知らない」と答えるハイディに食い下がります。「なぜ、この質問を避けるんですか?」「私は覚えてないの」

「何も覚えてない?ウォルター・クルーズは?」と聞きますが、ハイディは「覚えてない」と店に戻ります。トーマスは不審に思いながらも、帰り支度をします。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード1「規則」の感想・評価・解説

2019年2月22日に配信開始のAmazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1。予告からサスペンス感満載で、期待度が高まります。ぱっと見て「ジュリア・ロバーツも老けたな~」というのが率直な印象ですが、最近は「ワンダー 君は太陽」「ベン・イズ・バック」など難しい役にも挑戦し演技派として結果を出していますので、本作もその演技に注目ですね。

さてエピソード1は導入部分で謎や伏線を振りまいて終わるという、こうした連続ドラマのサスペンス物ではありがちなパターンですが、そこまで劇的な展開や次エピソードを観ずにはいられないような終わり方はしませんでしたね。ただ全体に漂う「何かあるな」と匂わせる感じ、色合いや雰囲気はなかなか良い感じですね。

作品タイトル『ホームカミング』は直訳すると「帰還」となります。本作では、劇中でも紹介されますが、「帰還兵の帰国移行支援」をテーマにしています。ベトナム戦争の帰還兵が帰国後にPTSDを発症したり、社会に適合せずにアルコールやドラッグに走ったり、殺人などを犯したりしたことがアメリカ社会で問題になったことが背景にあるのでしょう。

本作では、ジュリア・ロバーツが演じるハイディ・バーグマンがカウンセラー役となり、ウォルター・クルーズを含む帰還兵のやり取りを通して、「ホームカミング」で起きた様々な事件や謎を少しずつ明らかにしていくというのが大まかなストーリーです。

脚本・構成としては、ハイディがカウンセラーをして「ホームカミング」に携わっていた時期と、その仕事を離れてウェイトレスをしている現在とが交互に描かれます。最初は少し混乱しますが、最近のアメリカのTVドラマの典型的な構成ですね。

『ホームカミング』では過去と現在を画面の幅を変えることで、いつの話しをしてるかを分かりやすくしています。過去の画像は画面の幅が広く、現在の画像は画面の幅が狭いんですね。

ただ、ぱっと見では(俳優や背景を見ただけでは)どちらの時期かすぐに分からないので、もう少し過去と現在の姿を変えて欲しいんですよね。そうい意味では、「True Detective/2人の刑事」というHBOドラマはよくできていましたね。特にシーズン1は傑作ですので、未見の方はぜひ。インターステラーのマシュー・マコノヒー主演です。

本エピソードではいくつかの謎が匂わされ、そのいくつかはこれからの伏線となります。

  • 「ホームカミング」で通常のカウンセリングとは違う何か(実験やテスト?)が行われていた
  • その何かは薬や記憶、帰還兵の情報に関わるもの
  • その何かが行われた動機や目的は、何かのプロジェクトの承認を国防総省に認めさせるもので、コリンとハイディが関わっている
  • ウォルターや帰還兵はそれぞれ何か秘密やトラウマを抱えている
  • ハイディは彼氏のアンソニーとうまくいっていない
  • 現在のハイディは「ホームカミング」の終了後、まったく生活を変化させていて、記憶を失っている
  • 現在、国防総省のトーマスがハイディと「ホームカミング」の秘密に迫っている

といった感じでしょうか。

ちょっと気になったのが本エピソードのタイトル「規則」なのですが、英語オリジナルではMandatoryなんですよね。直訳すると「強制」で、本エピソードのラストでも入所者が強制的に入れられていたかどうかが物語のポイントになりそうなので、そういった訳の方がいいのかなと思いました。

ストーリーとしては「ホームカミング」事業に関する謎(同時にハイディの記憶が無い謎も)を解いていくというメイン・ストーリーに加えて、サブ・ストーリーとしてハイディと彼氏アンソニーとの関係、ウォルターら帰還兵の秘密とその後が描かれそうです。

演技面ではジュリア・ロバーツは流石の存在感ですね。どちらかと言うとアイドル的な俳優という認識だったのですが、年齢を重ねて表情やちょっとした仕草による感情の表現がとても良いですね。アンソニーとの会話のシーンが強く印象に残りました。

-映画

執筆者:

関連記事

ザ・ループ_シーズン1_エピソード5

『ザ・ループ』シーズン1エピソード5「コントロール」ネタバレあらすじ伏線解説登場人物Amazonオリジナル『TALES FROM THE LOOP』

Amazonオリジナル『ザ・ループ』シーズン1エピソード5「コントロール」のあらすじをネタバレで、登場人物、伏線ストーリー、結末ラストを詳しく解説しています。 Amazonオリジナル『ザ・ループ TA …

ホームカミング_s1e3

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード3「可視化」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード3「可視化」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説してい …

カイジ・ファイナルゲーム

工藤元(kudogen)の映画あらすじ・ネタバレ解説『カイジ・ファイナルゲーム』

※2021年9月5日更新 藤原竜也主演の人気映画シリーズ「カイジ」(福本伸行原作)の最新作『カイジ・ファイナルゲーム』が2020年1月10日(金)に公開されました。早速初日に観てきましたが、シリーズ3 …

ハリエット

【初日に鑑賞】映画『ハリエット』あらすじネタバレ結末ラスト感想評判実話

公開初日の6月5日(金)に実際に映画館で鑑賞した映画『ハリエット』のあらすじ内容をネタバレで紹介、結末・ラスト・伏線や実話との違いを詳しく解説しています。 2020年6月5日(金)、公開初日の朝イチに …

アップロード_6

『アップロード』シーズン1エピソード6「お泊り会」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード6「お泊り会」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説し …