工藤元(kudogen)公式 映画・ドラマ評論家

工藤元(kudogen)。1990年生まれの31歳。大阪府在住。 映画・ドラマが大好きで、年間200タイトル以上を視聴しています。工藤元(kudogen)公式では、私が実際に視聴した映画・ドラマを、あらすじ・ネタバレでご紹介。感想・解説・評価もあわせてご紹介します。

映画

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード4「セコイア」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

投稿日:2020年5月18日 更新日:

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード4「セコイア」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。

※全シーズン全エピソードのあらすじ(ネタバレ)、製作・監督・俳優キャストについては別記事で詳しく解説しています。

『ホームカミング Homecoming』全シーズン全エピソードをあらすじネタバレで解説。登場人物・人間関係、キャスト、結末・ラスト、感想・評価も紹介

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』各エピソードのネタバレあらすじ

シーズン1

シーズン1の各エピソードについては、他の記事で詳しく解説しています。

シーズン2

  • シーズン2エピソード1「」
  • シーズン2エピソード2「」
  • シーズン2エピソード3「」
  • シーズン2エピソード4「」
  • シーズン2エピソード5「」
  • シーズン2エピソード6「」
  • シーズン2エピソード7「」
  • シーズン2エピソード8「」
  • シーズン2エピソード9「」
  • シーズン2エピソード10「」

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード4「セコイア」のネタバレあらすじ(概要)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

シュライアが退所になり、ウォルターは憤りますがハイディが取りなします。ハイディはウォルターと話し合い、ウォルターが戦争で心に傷を追っていること、戦友を亡くした記憶から離れられない事を知ります。

トーマスはガイスト社に調査に行きますが、コリンが出てきてハイディやホームカミングについては何も知らないと嘘をつかれます。仕方なく入居者に直接聞くと言い残すと、コリンはまずいことになったという表情です。

ハイディは過去の記憶を失っていますが、荷物を調べることで自分が自主的に入院していた事を知ります。見つけたスマホの着信履歴からコリンに電話をしますが、ハイディから電話を受けたコリンは、ハイディが電話をかけてきた事が信じられない様子で電話を切ります。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード4「セコイア」のネタバレあらすじ・伏線・ストーリー(詳細)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

シュライアの退所

南米のような地域で、男が野生に生える植物から赤い実をいくつも集めています。その赤い実は研究所に送られて、研究員によりすり潰されエキスが抽出されます。抽出された赤い液体は何本ものアンプルにまとめられ、きれいに箱に梱包されガイストというシールが貼られて、トラックで出荷されます。最終的に箱はホームカミングに搬送されます。

ホームカミングで、ウォルターがシュライアの荷物が運び出されるのを見て呆然と立ち尽くしています。シュライアは退所処分になったようです。ウォルターは怒ってハイディの部屋にノックもせず入ります。「話があるんだ」録音しようとするハイディに「録音は不要だ。いつもの面談じゃない」と告げます。

「話って?」「シュライアと僕の外出の件だ。車を盗んだのは僕なんだ」「あなたは彼をかばっている」「シュライアをどこに連れてったんだ?」「家族のところよ。今後のことを家族と決めるの」「奴の考えのせいで?奴は荷物を捨てられたんだぞ」「捨ててないわ」

「僕もシュライアと同じくルールを犯したんだ。時々自分が分からなくなる。僕が残る理由は何なんだ?」「あなたは残りたいと思っている。私の経験上、そうした希望があるかどうかが重要なのよ」「奴のハーモニカを何で捨てた?」「捨ててないわよ。シュライアが心配なのね?座って話しましょう」

ハイディは録音を開始します。「彼はハーモニカを吹いていた?」「吹いていたよ。下手くそだけど、あれはレスキーにもらったんだ」「レスキー?タイタニックの彼ね」「そうだ。レスキーのお姉さんが送ってきたんだけど、シュライアが欲しがったんだ」「吹けないのに?」「そう。結局楽器としてより武器として使っていたんだ。車で寝たやつへの音攻撃さ」「車には誰が乗っていたの?」「前にシュライアと俺、後ろにベンジーとレスキー」

「レスキーは車で亡くなったって前に言っていたけど、同じ車?」「いや、あの日は別の車に乗っていた。俺が乗せたんだ」「どういう意味?」「レスキーがベンジーの質問攻めに参っていたから。馬鹿げたクイズだよ。ベンジーはしつこかったから、僕はただ面倒を避けたくてレスキーと他の奴を交換した」「それでどうなった?」「レスキーの車が先に行きなぜかスピードを落とした。そして爆発したんだ。レスキーを見に行くと、金属片が頭に刺さって死んでた」

悲しむウォルターにハイディが聞きます。「他に何を考えた?」ウォルターは「僕の短気が原因でレスキーは死んだ」と答えます。「短気で?」「他に見方があるかい?」「でも事故よ。故意じゃない」「戦場では故意かどうかは関係ない」「あの事故を忘れたい?」「前に進みたいんだ、でもあの光景(レスキーが亡くなった時)が何度も何度もよみがえる。僕には責任がある、記憶する責任がね。忘れちゃいけないんだ」ハイディは「1人で抱え込まないで」と慰めます。「シュライアが去った今、僕は1人だ」とウォルターは答えます。

時は現在に戻ります。ハイディは母親と家にいます。ハイディは何かを「探さなきゃ」と呟き、クローゼットを漁ります。「患者の所有物:ハイディ・バーグマン」と書かれたビニール袋と紙袋を見つけます。自分が入院していたことを知り「私が入院していたこと、隠してた?」と母に聞くと、母は「隠す?あなたが自分で入院したのよ」と笑います。

「でも私達は、その話をしたことがない」「話す必要もないからよ。単に、あなたは休養が必要だったから、病院で休んだのよ」ハイディは荷物から1台のスマホを見つけます。電源を入れ着信記録を確認すると、コリンからのたくさんの着信履歴で溢れています。

ウォルターがスカイプで母親と通話しています。「そこには沢山の人がいるの?」と聞かれ「(共通のリビングにいるため)沢山いるよ」と答えると、母親はハイチ語で話し始めます。訝しがるウォルターに「息子に話すときは息子だけに話したい」と言います。母親は「携帯は?」と聞きます。「この辺では売ってなくて買えない」「携帯も売っていないところに病院があるの?」

ウォルターは色々と聞かれてすこし苛つきます。「まるで尋問だ。もっと普通の会話がしたい」「ジョセフ(シュライア)もそんな反抗的な態度だったの?」「シュライア?いや、知らない」「彼と話させて」ウォルターは「今はいない、話せないんだ」と電話を切ります。

ホームカミングの職員が倉庫にいるハイディに話しかけます。「この建物を1日だけショッピングセンターにして、入居者をプレゼントを買うことに集中させるんだ。ただし障害を設けて、それにどう対処するかを観察してグループごとの力量を評価するんだ。このアイデア、どう思う?」ハイディは「後で話さない?」とごまかしますが、逆に「倉庫で何をしてるんだい?」と聞かれてしまいます(伏線です)。

トーマスの調査

ガイストグループの本社の「セコイア・エリア」をトーマスが訪問します。国防総省と名乗り「ホ-ムカミングの件で話を聞きたい」と受付の女性に言います。受付から、それならコンプライアンス部に行くようにと言われますが、トーマスは今行ってきたところだと答えます。たらい回しにされているようです。

受付の女性は、こちらに案内されたならメールで予約を取るようにトーマスに言いますが、トーマスは「今日話が聞きたい」と食い下がります。受付の女性がどこかの部門に電話し、国防総省のトーマス・クラスコが来ていると連絡します。やってきたのはコリンです。ホームカミングの件で来たと告げると、あまり知らないと嘘をつきます。「確か、廃止されたのでは?」「そのようです。ただ2018年の出来事を調べてまして・・・ウォルター・クルーズの件です」「何があったんです?」

トーマスはウォルターとハイディの資料を見せますが、コリンはハイディの事を知らない、私はタンパには行った事はないとまた嘘をつきます。トーマスは2人の退所日と退職日が同じ2018年5月15日であることを指摘します。「ウォルターが暴行で退所になったのとハイディが入院して退職した事に何かつながりが・・・」

コリンは「ちょっと、ちょっと・・・歩きましょう」とトーマスを連れ出します。「相関関係です、因果関係ではありません」コリンは説明します。「どういう意味?」「データから本質を読み取るのが私の仕事だから分かるが、人は願望を込めて分析してしまう(トーマスの指摘は客観的でないと言っています)」

トーマスは呆れて「私は探しているだけです。事件報告書や保険請求書など何か・・・」「証拠となるもの?でも無かったらどうします?何も無いんですよ」コリンはそう言って、下行きのエレベーターにトーマスを乗せようとします。「これで終わり?」「時間がないんです。席に戻らないといけない」

トーマスは「そうですか、書類が無ければ・・・当時の人々に聞き取り調査します」と告げます。「当時の?」「施設にいた人たちです」コリンは少し慌てて「でもみな散り散りになっているから。個人情報の問題もあるし探すのは大変・・・」と言いますが、トーマスは「いえ入居者を見つけましたから」と答えます。「彼に会って聞いてみますよ」と言い、エレベーターに乗り込みます。コリンは困ったように立ち尽くします。

ウォルターの経験、ハイディの記憶

ホームカミングです。夜中、ハイディがウォルターの部屋を訪ねます。「ある物を掘り当てたの」と言い、シュライアのハーモニカを渡します。倉庫ではハーモニカを探していたようです。ハイディはウォルターの部屋の地図について聞きます。ウォルターは「旅の話をした後に考えていて、ルートを調べていたんだ。暇つぶしだよ」

ハイディがこの印は何?と聞き、ウォルターは説明していきます。フィッシュ・キャンプの話になり、ウォルターは17歳の時に1度行ったことがあると言います。「何のために?」「友だちの車でヨセミテに行く時寄ったんだ」「昔から行きたかったのね」「当時思いつく一番遠い場所だったのさ」

「ジョージアから昼も夜も運転した。印象的だったのが、小さな町が次々出てくること。小惑星みたいで、車を停めたら自分が消える気がした」「消える?どういう意味?」「車を停めてじっくり見てしまったらそれまでだから」「そう。それでヨセミテはどうだった?」「知らない」「知らない?行ったんでしょ」「たどりつけなかったんだ。森林事務所か何かに着いたところで、車が故障したのさ。バスチケットを送ってもらって、やっとのこと帰ってきた。そして2週間後に入隊さ。でもレッカー車を待ちながらずっと思ってた。これでいいんだ、これから俺は世界を見るんだからってね」

ハイディは「2週間後からね」と言うと、ウォルターは目を伏せて「そう、だけど・・・想像と違った」と言います。ハイディが「どんな感じだった?」と聞き、「暑かった。息苦しくて思考が止まる。一度慣れると、次のまた酷いことが起きる。そこにいる意味が分からなかったけど、無意味だと思うのが怖くて。早く終わらせたかった」

ウォルターは言葉を切り、ハイディに「あなたはどんな自分を望む?」と聞きます。ハイディは「今の自分よ」と答えます。2人は少し無言になりますが、ハイディは「行くわね」と言い、ウォルターは「ハーモニカありがとう」と答え、2人はハグします。立ち去るハイディを、倉庫で会った職員が不審げに見ています(この男は、ウォルターの部屋の外からも2人を監視していました。伏線と思いますがまだ分かりません)。

現在のダイナーに戻ります。スパゲッティの具について話し続ける店長に、ハイディが聞きます。「忘れるはずのない大事なことを忘れたことはない?」「しょっちゅうよ。去年の誕生日にラリってたみたいで医者の予約ばかり…」ハイディは「これ見て」とスマホを見せます。「着信がすべて同じ人からなの」「コリンって誰?ブロックしたの?」「たぶん私がブロックした」「電話して」「知らない人なのよ」「電話するしかないでしょ!」

店長は渋るハイディに店の電話からコリンに電話させます。コリンが出ますがハイディが名乗ると、電話は切られてしまいます。一方でガイスト社でハイディから電話を受けたコリンは、信じられないような顔をして呆然とスマホを見つめているのでした。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード4「セコイア」の感想・評価・解説

『ホームカミング』シーズン1エピソード4「セコイア」、タイトルの意味は、ウォルターとハイディの会話で何度も出てくる「ヨセミテ(カリフォルニアの国立公園)」に沢山自生している巨木の事かなと思います。我々にはピンと来ないですね。

ストーリー的には、ウォルターの精神状態が少しずつ悪化(潜在していたものが顕在化したのかもしれません)していくような感じがします。一つは戦地で濃密かつ長い時間を共に過ごした、シュライアの退所がきっかけになりました。しかしシュライアは前エピソードでは何とか助かるかもと思いきやあっけなく退所しましたねw

もう一つはハイディの会話を通してもそうなっているような気もするんですね。これはコリンと進めているプロジェクトの一貫としてわざと追い詰めているのか、それとも通常のカウンセラリングが悪い方向に進んでいるのかは分かりません。エピソード2でトーマスがウォルターの母親と電話したとき、少しだけですが母親がハイディに悪い感情を持っていそうな表現があった事を考えると、ホームカミングに加えてハイディとウォルターの関係も、おそらくウォルターに起きた事件や事故にかなり大きな影響を与えたのではないかと思います。

ホームカミングとハイディの記憶の謎については、トーマスの調査とハイディ自らの行動と2通りで謎解きに迫っていきます。コリン(およびガイスト社)は何かを隠しているのは間違い無さそうです。おそらく施設で起きてはならない事態が、プロジェクトとハイディを原因として発生し、それを隠蔽したいガイスト社とコリンが、ハイディおよびウォルターに口止め(記憶を消すことを含む)したというのが本線でしょうね。気になるのは今のウォルターの状態です。まだ描かれていないので、下手すると意識が無いとかもっと酷い状態にある可能性もありますね。

ほか、個人的に、脚本や表現的に謎だったところが2点あります。1点が、ウォルターが母親とテレビ電話で話しているうちに、「急にシュライアと話をさせろ」というシーン。ウォルターがシュライアが退所になったことを誤魔化すことで母親に気まずさを感じ出したり、1人施設で孤独になったことを思い起こす意味はあると思うのですが、何か無理やりシュライアの話を出したようで違和感があります。

あと、ウォルターとハイディがウォルターの戦争の時の話をした後で、何か意味があるような長い時間ハグするシーンです。2人の間に恋愛感情は無いと思いますが、ややウォルターから長くハグしたような感じに描かれています。2人の間の関係性(精神的な意味で)が深まった事を表したいのでしょうか?よく分かりませんでした。

これらは伏線の可能性もあるのですが(特に後者は)、この先回収されるのかは見ていきたいと思います。

-映画

執筆者:

関連記事

ハリエット

【初日に鑑賞】映画『ハリエット』あらすじネタバレ結末ラスト感想評判実話

公開初日の6月5日(金)に実際に映画館で鑑賞した映画『ハリエット』のあらすじ内容をネタバレで紹介、結末・ラスト・伏線や実話との違いを詳しく解説しています。 2020年6月5日(金)、公開初日の朝イチに …

アップロード_5

『アップロード』シーズン1エピソード5「グレーゾーン」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード5「グレーゾーン」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解 …

ザ・ボーイズ_s1e5

ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1エピソード5「信念」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『THE BOYS』

Amazonオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ THE BOYS』シーズン1エピソード5「信念」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。 …

アップロード_9

『アップロード』シーズン1エピソード9「アップデート前夜」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード9「アップデート前夜」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳し …

スキャンダル

工藤元(kudogen)の映画あらすじ・ネタバレ解説『スキャンダル』

※2021年9月14日更新 公開初日に実際に映画館で鑑賞した映画『スキャンダル』のあらすじを詳細までネタバレで紹介、伏線や結末ラスト、実際の事件との違いを詳しく解説しています。 2020年2月20日( …