工藤元(kudogen)公式 映画・ドラマ評論家

工藤元(kudogen)。1990年生まれの31歳。大阪府在住。 映画・ドラマが大好きで、年間200タイトル以上を視聴しています。工藤元(kudogen)公式では、私が実際に視聴した映画・ドラマを、あらすじ・ネタバレでご紹介。感想・解説・評価もあわせてご紹介します。

映画

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード6「おもちゃ」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

投稿日:2020年5月19日 更新日:

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード6「おもちゃ」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。

※全シーズン全エピソードのあらすじ(ネタバレ)、製作・監督・俳優キャストについては別記事で詳しく解説しています。

『ホームカミング Homecoming』全シーズン全エピソードをあらすじネタバレで解説。登場人物・人間関係、キャスト、結末・ラスト、感想・評価も紹介

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』各エピソードのネタバレあらすじ

シーズン1

シーズン1の各エピソードについては、他の記事で詳しく解説しています。

シーズン2

  • シーズン2エピソード1「」
  • シーズン2エピソード2「」
  • シーズン2エピソード3「」
  • シーズン2エピソード4「」
  • シーズン2エピソード5「」
  • シーズン2エピソード6「」
  • シーズン2エピソード7「」
  • シーズン2エピソード8「」
  • シーズン2エピソード9「」
  • シーズン2エピソード10「」

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード6「おもちゃ」のネタバレあらすじ(概要)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

グロリアはホームカミングがガイスト社の運営と聞き、ウォルターを連れ戻すことにします。住所もわかりませんが何とか辿り着き、ウォルターを説得し帰ることにさせます。しかしウォルターはハイディにもう一度説得され、家には帰らないことになります。ウォルターとハイディはお互いを特別な存在として意識しているのでした。

1人で帰ろうとするグロリアは、ハイディと話します。治療して帰国移行を支援しているというハイディに対し、そんな事ができるわけはないとグロリアは反論します。帰り道、グロリアは国防総省の苦情受付センターに苦情を申し立てます。

現在では、真実を知ろうとするハイディに、コリンは自分の本性を隠して偽名を名乗り近寄ります。ハイディをコントロールするため、うまくアプローチして男女の仲になります。ハイディの調査に同行監視することで、真実に近づけないようにしているのです。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード6「おもちゃ」のネタバレあらすじ・伏線・ストーリー(詳細)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

グロリアの決意

ウォルターの実家で、母親のグロリアが退役軍人局に電話をかけています。「ホームカミングにいる息子に電話したいのですが、番号がどこにも載っていなくて・・・」「ホームカミングは当局のプログラムではありません。ガイスト・グループという民間会社が実施しています」「ガイスト?」「ええ、ただし詳細は分かりません」グロリアはため息をつき、何か考え込んでいます。テーブルのオレンジジュースには、ガイストのシールが貼られています。

ウォルターの叔母にあたるグロリアの妹エビータがやってきます。「そろそろ出れる?遅れそうよ」家に入ると、机の上には瓶やペットボトルが沢山あります。「どうしたの?」「ガイストの商品よ」「これ全部?」「全部ではないけどシャンプーや洗剤を作ってる会社よ?私が言いたいのは、そんな会社がカウンセリングなんてできるの?って話なの」エビータは困惑して「何の話?」と聞きます。

「ガイストが、ウォルターが送られた施設を運営してるのよ」とグロリアは言い、これからホームカミングのあるタンパに行くと言います。「今から?」とエビータは止めるよう説得しますが「私は母親よ」とグロリアは聞く耳を持ちません。「そんな風に理不尽だからウォルターが逃げたのよ。あと4週間で帰ってくるんだから、話があるなら電話でいいじゃない?」と言いますが、「話なんて無い。とにかく連れて帰る」と出てしまいます。エビータは呆れて首を横に振ります。

ハイディに迫るコリン

コリンが洗濯物を持ってコインランドリーに入ります。ハイディが中にいたので、コリンは声をかけます。「この前チップが足りなかったから」とお金を渡そうとします。ハイディはいらないわと一度は断りますが、「受け取ってくれ」と言われ、「じゃあありがとう」ともらいます。

コリンは、店に置かれた「一攫千金」と書かれた名刺を入れる瓶の話をします。「入った名刺は数枚だ。どんな人が入れたのか知ってる?」と探りを入れますが、ハイディは知らないわと関心なさげに答えます。コリンは「僕はアフガニスタン帰りで、普通の会話の仕方を忘れているんだ」と帰還兵の話をしてさらに探りを入れますが、ハイディは「軍隊の人?おかえりなさい」と言います。コリンは自分はハンターだと、偽名を名乗ります。

ホームカミングに来たグロリア

ホームカミングでは、ウォルターとハイディが面談しています。「この前の鳥のイタズラはやりすぎだった?」「いえ、別に」「良かった。怒ってるかと思って」そこに電話がかかってきます。ちょっと待っててとハイディは席を外します。

ホームカミングの受付でグロリアが座っています。受付の女性がハイディに、ウォルターの母親よと説明します。ハイディはグロリアに自己紹介します。受付の女性は「急な訪問はお断りしていますと説明したんですけど」と言い訳します。

グロリアはそれを聞かずに、ハイディに「あなたが責任者?ガイストの社員なの?」と聞きます。ハイディは「何かありましたか?緊急なら・・・」と言うと、グロリアは遮り「息子に会いにきただけよ。ダメなら理由を教えて」と詰め寄ります。「日常生活へのスムーズな移行を目指して順調に進んでいます。来客、特にご家族の訪問はお断りしているんです」と言いますが、グロリアは答案の採点をしながら待つと言い放ちます(グロリアは大学教授)。

受付の女性が、「面会は事前の承認が必要よ」とハイディに言います。ハイディは「もう来てしまってるし、彼女を帰そうとしても無理だわ」と答え、大丈夫よとウォルターと面会させようとします。そこにクレイグが通りかかり「何事だ」と聞きます(はっきりとは明示されませんが、おそらく受付の女性からハイディが規則に反してウォルターとグロリアを会わそうとしている事が報告されたと思われます)。

ハイディはグロリアと歩きながら、何時間かかりました?と話しかけると、「普通は3時間よ。今回はもっとかかったけど」と答えます。「住所を知らなかったから」「住所を知らずにどうやってたどりついたの?」「ウォルターが、ホームカミングはオフィスビルで近くに老人向け住宅街があるって言ってたから探せたのよ」「でも、似たような場所はいくつかあるわよ」とハイディが言うと、「いくつかじゃなく8箇所よ。ここは6箇所目で見つけた」とグロリアは答えます。しつこい性格のようです。

ハイディが部屋にグロリアを通します。ウォルターは突然の母親の来訪に驚きますが、ハグします。「ハイディ、悪いけど久しぶりに会ったから2人きりにしてくれないか」とウォルターは言い、ハイディはもちろんと言って部屋を出ます。ハイディは、廊下の壁にかけられた静物画が気になります。額縁と絵がずれていて水平にならないのです。

ハイディとの距離をつめるコリン

コインランドリーでは、コリンとハイディが並んで話しています。「1ヶ月前カンダハルに居た時、妻に電話で言われたんだ。離婚したいとね。あんまりだろ、何もかがつらいって言うんだ」もちろん嘘の話です。「きついわね」「僕は腹は立たなかったけど、ただ“そんな事知るか”って思ったんだ。今思うと、彼女は僕の気持ちを代弁していたのかも」と続けます。

コリンはハイディに「夫婦カウンセラーもしてるの?」と聞きます。週末だけねとハイディは答えます。プライベートの話しもお互いしていたようです。「もう1時過ぎか。腹が減った」「隣は中華料理屋よ」コリンは「一緒にランチはどうだい?」と誘います。ハイディが答えないので「こんな話めったにできないから・・・」と言い訳しますが、ハイディは「付き合うわ」と答えます。

コリンは軍隊帰りを装って、自分の架空の話をします。「戦地から帰って以前の生活に戻ろうとしたが馴染めず、また戦場に戻ったんだ」「戦場はどうだった?」「悪くなかった、孤独だけどね」「アメリカからは遠いから」「でも美しい国だよ」コリンは小声になり周囲を気にした様子で、「でも政府の人間に囲まれているから本当の事は言えない」と言います。「なぜ?」「責任を負わされるからさ」と妄想症の振りをします。

「わかるわ」「わかるって事は、君も誰かにハメられようとしている?」「いえ、社交辞令でわかると言っただけよ」コリンは「仕事の癖なんだ。情報を得ようとして尋問モードになってしまう。すまない」と誤魔化しますが、ハイディは大丈夫よと言います。コリンが「ひどい初デートだ」と言うので、ハイディはデートのつもりは無いため少し驚きます。コリンは、「そろそろ酒を飲もうよ」と誘います。ハイディは断りますが、「シラフで洗濯物をたたむなというのが母の唯一の教えだ」と冗談を言います。ハイディは笑い、2人は良い雰囲気になり乾杯します。

ウォルターの説得

ウォルターは「どうしてここに来た?」とグロリアに言います。グロリアはハイディを怪しんで「彼女の目的は何だと思う?」と逆に聞きます。「彼女は医者で、僕を助けようとしている」「医者なの?どこの学校?」「関係ないだろ」「信用しないで。この国の政府はタダでは何もしない」「彼女は僕を治療しているんだ」「あなたはどこも悪くないのよ」「それでも僕はここにいないと」

グロリアは反論します。「あなたは、病気で助けが必要と思い込まされているのよ。強引に話しを引き出すセラピストは不要よ」「彼女は強引じゃないよ」「分からないでしょ。戦場で間違いを犯したから騙されてここにいるのかもしれない。戦地が悲惨な状況なのは分かってるけど幹部は責任を取らない」ウォルターはイライラして「いい加減にしろ!」と叫びます。 グロリアは、弱みにつけ込む人間がいるのよと警告しますが、ウォルターは「母さんはいつもそうだ。入隊の時も」と反論します。「あなたは国に奉仕したいのね。でも、ここでは利用されているだけよ」「母さんは怖いんだろ?」言い返すウォルターに、グロリアは「そうよ、怖いわ。でも、ただあなたに帰って欲しいだけなのよ」と言います。

クレイグがウォルターの部屋を覗いてハイディと相談しています。「ウォルターが荷造りしてるぞ」「大丈夫よ」「今は投薬4週目だ、この段階で止めたら悪いことが起きる」「分かってる」クレイグはコリンに連絡しようとしますが、ハイディに止められます。クレイグは驚いて、「君は自分を失っているのか?」と聞きますが、ハイディは「私は何も失っていない。子供は黙っておもちゃで遊んでて」とバカにしたようにクレイグを突き放します。

ハイディはウォルターの部屋に入ります。「何をしてるの?」「家に帰るよ。母さんが悲しんでるから。治療の途中で申し訳ないけど、なるべく早く戻るよ」「あなたが、それを決めたなら反対しないけど。それはあなたが望んでること?」ウォルターは、母さんのためにはこれが一番いいんだと答えます。

ハイディは座って「質問に答えて」と言います。「自分が望んでるかっていう質問?」「仲間に対する責任については話してくれたけど、自分の望みはどうなの?」「望みと決断は別だ。残れば治療に専念できる・・・それにあなたと一緒にいられる」ウォルターはハイディに特別な感情を持っていたようです。ウォルターは2人の今後の関係について考えたことは?と聞きます。

ハイディは「私はただ、今治療をやめるとあなたに危険なことが起こるかもしれないと思うだけ」と誤魔化します。「危険なこと?」「必ずしもでないけど、リスクがある」「どんな?」ハイディはそれには答えず、とにかく中断するのは良くないと言います。少し間をあけて「あるわ」と言います。「何を?」「2人の今後の関係について考えたことがある」ハイディもウォルターに特別な感情を持っていることを告げます。

ハイディはコリンと電話で話しています。留守電に「急な来客があったけど、うまく対処して丸く収まった」と吹き込みます。外では悲しむグロリアをウォルターが慰めています。ウォルターはホームカミングに残ることにしたようです。

立ち去るグロリアをハイディが追いかけます。「良かったわね」と捨て台詞を吐くグロリアに、ハイディはすみませんと謝り、「私たちのことを説明させてください。政府や軍のように息子さんの利益を損なうように感じるでしょうがそうではないんです」と言います。「事実、利益を損なっているでしょ?」「残るのは息子さんの希望です。尊重すべきかと」「あの子の希望?希望なんか、入隊した日から無視されている」「ここでは違います」「ここだって同じよ。あなたは自分自身納得してそうしてるの?それともあの子を気に入った?もしあの子や他の入居者をこんな場所で守れると本気で思ってるなら、あなたは馬鹿よ」

コリンとハイディの深まる仲

場面は現在、ハイディとコリンは中華料理屋で楽しく話しています。もう夜なのでずっと店にいるようです。ハイディはプライベートの話をします。「4年経って彼と会ったら翌日電話してきたのよ。奇遇なんだけど、私の町に来てるから泊めてくれだって」「どう答えた?」「こう答えたわ。アンソニー、悪いけど母がお泊りは許さないからってね」コリンは笑います。「本当のことよ、ひどいでしょ」

コリンは携帯電話を見ます。「大丈夫?」「妻からだ」離婚したはずなのに?と訝しがるハイディに、コリンは慌てて「離婚した妻のね。離婚書類の件だ。いつも言い訳を作って逃げてたから。実はアフガニスタンから帰った事も伝えてないんだ」と言います。

ハイディは「嫌にならない?」と言い、コリンは「何が?」と答えます。「そういう嘘をつくこと」「いや、嘘じゃないよ」「いいのよ、私も嘘つきだし」「君も?どんな嘘をつくんだ?」「毎日職場ではウェートレスとして笑顔で接客して、家では良い娘を演じているだけよ。これが本当の私だって嘘をついて」「分かるよ」「だけど、車に乗っている時とか目覚めた瞬間にハッと気づくの。今までの人生が偽りだと分かる。自分の言葉も過ごした時も。そして考え込むの、これが偽りなら本物の私はどこにってね」

「でも結局は同じよ。嘘でも正直でも、偽物でも本物でも。みんなまとめて“そんな事知るか”って言うのよね」コリンはキスしようと顔をハイディに近づけますが、ハイディは避けます。「そんなつもりじゃないよね」「そうね」2人の間に気まずい空気が流れますが、結局はハイディは自分からキスします。2人はモーテルに行きます。ベッドにいるコリンにハイディは言います。「最低よ」「何が」「嘘をつくこと。多分私は何か過ちを過去におかした。それが何かは分からないけど」コリンは言います。「そうか、2人でそれを突き止めよう」

グロリアは1人車で帰路につきます。国防総省の苦情相談に電話をします。「私は苦情を申し立てます。今、ホームカミングの施設の前にいます。実は私はここで働いている職員の1人ですが、ここでは不正行為が行われています。帰還兵のウォルター・クルーズが家に帰るのを拒否され、不当に閉じ込められています。一刻も早く家に帰すべきです。そうしないと・・・」国防総省ではグロリアの苦情がプリントアウトされます。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード6「おもちゃ」の感想・評価・解説

エピソード6は「おもちゃ」。他エピソードと同じですが、この「おもちゃ」もエピソード全体を表すキーワードではありません。ウォルターと母親を会わせた事について、コリンに報告しようとするクレイグに対して、ハイディが「子供はおもちゃで遊んでろ」とバカにするシーンから取られています。いつもエピソードタイトルに、裏の意味が何かあるのかなと考えるのですが、今回も特に無いかと思います。なぜこうしたタイトルネーミングをするんでしょうかね?

しかしこの「子供はおもちゃで遊んでろ」というのは、かなりキツい言い方です。まあウォルターとの近すぎる関係をチクられた仕返しなのかもしれませんし、当時のハイディの気の強さみたいなものを表現しようとしたのかもしれないのですが、なにか違和感ありますね。そこまで言う必要あるかなーと思ってしまいます。アンソニーが別れる時に「いつもガキ扱いして・・・」と言っていたので、ハイディが男に対して優位に立ちたいという性格設定なのかもしれません。

ストーリー展開として気になるのが、なぜハイディはコリンの指示に従わずにウォルターの記憶を呼び戻すような存在の家族に会わせたのかですね。普通にグロリアを帰して良かったような気がします。このエピソードでは、一度家に帰ろうとするウォルターを、再度説得して帰らせないようにするのですが、そこまでできる自信があったのでしょうか?

このエピソードで、ハイディとウォルターがお互いを異性として意識していることが明らかになりました。これまでも多少匂わせる部分はありましたけど、ちょっとこうした物語にする必要性が今の所感じないんですよね。もしかすると、ウォルターが退所になった事件に、この深い関係性が影響するのかもしれません。

また、本エピソードで、グロリアとハイディの激突を見ることができました。大学教授とソーシャルワーカーの戦い、またウォルターを母と女が取り合うというシチュエーションで、激しい口喧嘩が応酬されました笑 結果としては母が正しかったということになるのでしょうね。この物語のキーとなる「ホームカミングへの苦情」。これもグロリアがしていたことが分かりました。この苦情が無ければトーマスは現れず、ハイディが記憶を取り戻そうとすることも起きません。物語のスタートとなる出来事をこの中盤で持ってくるのはなかなか面白い脚本ですね。

あと、ハイディとコリンが男女の仲になってしまうのも正直驚きでした。コリンにしてみればハイディが何をしでかすか分からないので、自分の監視下においてできればミスリードしたいというところでしょうが、寝るまでいくとは思いませんでした。というかここまでやることを考えて接近したとしたら、ベッドに連れ込める自信があったんですかね?まあもしかすると以前から一度ヤりたいぐらい思っていたのかもしれませんが笑

-映画

執筆者:

関連記事

カイジ・ファイナルゲーム

工藤元(kudogen)の映画あらすじ・ネタバレ解説『カイジ・ファイナルゲーム』

※2021年9月5日更新 藤原竜也主演の人気映画シリーズ「カイジ」(福本伸行原作)の最新作『カイジ・ファイナルゲーム』が2020年1月10日(金)に公開されました。早速初日に観てきましたが、シリーズ3 …

アップロード_9

『アップロード』シーズン1エピソード9「アップデート前夜」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード9「アップデート前夜」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳し …

ホームカミング_s1e4

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード4「セコイア」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード4「セコイア」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説して …

AI崩壊

工藤元(kudogen)の映画あらすじ・ネタバレ解説『AI崩壊』

※2021年9月10日更新 実際に映画館で観た感想をもとに、映画『AI崩壊』の内容・あらすじ・結末をネタバレで解説しています。監督や出演俳優・キャスト、感想や評判も紹介します。 大沢たかお主演、『22 …

ホームカミング_s1e1

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード1「規則」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード1「規則」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説していま …