工藤元(kudogen)公式 映画・ドラマ評論家

工藤元(kudogen)。1990年生まれの31歳。大阪府在住。 映画・ドラマが大好きで、年間200タイトル以上を視聴しています。工藤元(kudogen)公式では、私が実際に視聴した映画・ドラマを、あらすじ・ネタバレでご紹介。感想・解説・評価もあわせてご紹介します。

映画

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード9「仕事」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

投稿日:

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード9「仕事」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。

※全シーズン全エピソードのあらすじ(ネタバレ)、製作・監督・俳優キャストについては別記事で詳しく解説しています。

『ホームカミング Homecoming』全シーズン全エピソードをあらすじネタバレで解説。登場人物・人間関係、キャスト、結末・ラスト、感想・評価も紹介

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』各エピソードのネタバレあらすじ

シーズン1

シーズン1の各エピソードについては、他の記事で詳しく解説しています。

シーズン2

  • シーズン2エピソード1「」
  • シーズン2エピソード2「」
  • シーズン2エピソード3「」
  • シーズン2エピソード4「」
  • シーズン2エピソード5「」
  • シーズン2エピソード6「」
  • シーズン2エピソード7「」
  • シーズン2エピソード8「」
  • シーズン2エピソード9「」
  • シーズン2エピソード10「」

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード9「仕事」のネタバレあらすじ(概要)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

ハイディの記憶は全て戻ります。2018年5月15日、ハイディはウォルターと第6週の食事を取ったのでした。それは2人に悪影響が出るもので、禁止されていることでした。また、コリンと初めて会った面接も思い出します。会社と仕事に全力を傾けるとハイディは宣言していたのです。

トーマスの調査は終わり、上司のパメラに報告します。パメラは分かったといいますが、ガイスト社に連絡します。国防総省の監察とガイスト社には癒着があったようです。コリンはトーマスの調査にうまく対応できなかった事を嘆きますが、妻に励まされ上司のロンに相談して事態を改善させようと考えます。

一方ハイディは自分が何をすべきか分からず悩みますが、ダイナーで常連客が死んだのをきっかけに、グロリアにホームカミングで自分がしてきた事を告白することを決意します。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード9「仕事」のネタバレあらすじ・伏線・ストーリー(詳細)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

迷うハイディ

ハイディはトーマスに送られながら、コリンと初めて出会った時の事を思い出しています。ガイスト社でハイディが誰かを待っています。コリンが近づいてきて、初対面の挨拶をします。ハイディの転職面接のようです。

ハイディはトーマスに「この先はどうなるの?」と聞きます。トーマスは「上司に報告し、苦情は上層部に送られ正式な調査が始まります。事実を明らかにして責任の所在を明確にする」と答えます。

「私はどうなるの?あそこにいた」「あなたのような人は調査されない」「私のようなとは?」「従業員のレベルは調査されないということです」「でも私のしたことは罰に値する」「私には何とも言えません」2人の間に沈黙の時が流れます。

ハイディは車を降り家に入ります。疲れ果ててベッドで眠るハイディを、母親エレンが心配そうに見守ります。毎日の日課でしょう、エレンが家を掃除しているとハイディが起きてきます。記憶がない時期の荷物をクローゼットからひっぱりだしてきて、ゴミ箱に落として捨てます。

テラスにハイディがぼおっと座っていると、エレンが隣に座ります。ハイディは「今は話したくない」と言いますが、エレンは「私は話したい」と答えます。「意見の相違ね」「私は何もなければいいの」「信じてくれた人たちに私は嘘をついた」「それで何なの?」ハイディは「話しても無駄よ」と会話を終わらせようとします。

「怪しい前職のこと?」ハイディは驚いてエレンを見ます。「最初から分かってた、修士をとったばかりで実務3年よ。大企業が要職を与えるなんて怪しい仕事に決まってるわ」「ママは何も分かってない」「人は妥協するもの、あなたは仕事を受けただけ」エレンはハイディをかばいます。

「私の仕事は彼らを助けることなのよ。でも、もしかするとそうではなかったのかも」「あの頃あなたは常に忙しそうだったけど、声の感じで分かったの。幸せだって」「ママにいい話だけしたからよ。これから私はどうするべき?」エレンは言います。「仕事に行きなさい」とエレンは言います。

2018年5月15日

ハイディはダイナーに向かいながら、自分が退職しウォルターが退所した日の事を思い出します。ウォルターは部屋に入り、水槽の金魚がいないと言います。「その方がいいかと思って」ハイディは金魚を片付けてしまったようです。

ウォルターは、ハイディの机のペンをちらっと見ます。向きが気になるようです。「食堂が混雑しているところを見ると、また何人か入居者が増えたね。プログラムの効果がでてるからだよね?おめでとう」「ありがとう」

ウォルターが言います。「実は戦地への派遣の話が来たんだ。重大ニュースだよ」「どんな気分?」「いいよ、というか楽しみだ。シュライアに会えるかも。もちろん家族といるのは知ってるけど、可能性はある」「彼はまだ無理よ」「でもハイディのような人が側にいれば可能性はある」「確かにそうね」「レスキーだって誰だってそうだ、あなたは出会った人と家族みたいになる・・・いや家族のふりをするだけかな?」

ウォルターは続けます。「とにかく、またあっと言う間さ。前回の出征は長い1日みたいなものだった」「また戦地に行くのに不安はないの?そして、それはあなた自身の望みなの?」「何か成し遂げたいと思う。それに、新兵が行くより俺の方がいい。どんなところか分かってるし怖くないよ」「でも以前の面談では・・・」ウォルターは会話を遮り「ハイディ、君は毎日仕事したい?」「いいえ」「でしょ。仕事がイヤなときだってあるさ。それでも出勤するものでしょ。自分でできるって分かってるんだ」

ウォルターはそう言ってペンの向きを変えます。「それに、次の9ヶ月が終われば俺は自由だ。また会いに来るよ」「楽しみだわ」「別に合わせてくれなくてもいいんだよ」「いえ本音よ、でも私はここにいないかも」ウォルターは、「そうか。でもどこにいても探し当てるよ」と笑います。ハイディは「でも、その頃あなたは別人になってるかも」と言いますが、ウォルターは「いや俺は変わらないさ」と言い、「とにかく今までのことを感謝している。ありがとうと続けます。

「どういたしまして」「あなたのおかげで戻れるよ」ハイディは少し間をあけます。ウォルターが気にして「何か悪いこと言ったかな?」と聞きますが、ハイディは「もし・・・」と言いかけて録音を止めます。「まだ食べてないんだけど一緒に食事しない?」「いいよ、もう食事はしたけど。ルール違反かな?」「最後の日だから違反しても罰はない」「そうだね」2人は仲良く食堂に向かいます。ハイディはそこまで思い出して、職場のダイナーに歩いていきます。

コリンと妻

コリンが家へと帰ってきます。妻リディアが「国防総省の彼は何て言ったの?」と聞いてきます。「報告するってさ。行かなきゃよかった、パニックになったよ」「大丈夫よ」「あいつを納得させないと何らかの処分が下る」「ロンに話すの?」「午後に報告する」「なら大丈夫よ」妻は励ましますが、コリンは浮かない顔です。

「ロンは俺を嫌ってる。ハミ出しものだから」「ロンは友人よ。あなたの事何て言ってたか覚えてる?」「切れ者って言ってた」「そうよ、ロンは切れるあなたを求めてる」「でも・・・俺がした失敗は変わらない」「あなたのしたことは関係ないの、ロンとあなたの2人は補い合うのよ」

コリンは思いつめた顔で「告白することがある」とリディアに告げます。リディアは「箱に言う?」と小箱を持ってきます。「いやちゃんと言う。告白したいんだ。俺はあることをした」(おそらくハイディと寝たことだと思います)リディアはコリンを責めずに「分かってる。箱に入れて前進するのよ。「これでOK、もう消えたわ」2人はキスをしてベッドに倒れ込みます。

ハイディとウォルターの食事

ホームカミングでは、ハイディとウォルターが食堂へ向かいます。退所が近いウォルターは「寂しくなる」と入居者と挨拶しながら食堂につきます。ウォルターはいいます。「君はいつもそうだ」「何?」「君はつかみどころがない」「私がつかみどころがない?」「いつも頭の中には何が流れてる?大音量の音楽じゃないかと思う」「そんなときもあるわ」

食堂はもう終わっていました。「ちょっと待ってて」とハイディはキッチンに入り「第6週」と書かれた食事をトレイから皿に盛ります。おそらく禁止されているのでしょう、給仕人たちは驚いて見守ります。「さすが大物だ」とウォルターが笑います。ウォルターとハイディは第6週の食事を2人で食べようとします。

ダイナーには、名刺の瓶をおいた男がいます。「熟成肉ってどう思う?要するに古い肉だ、ぎょっとするだろ?新鮮な肉に熟成肉ってラベルを貼る・・・」ダラに話しています。ハイディは注文を取りに行きます。「子供にパンを出してくれる?」「ワインをくれ」「料理はまだか?」日常の仕事に戻っていきます。ダラが男にぶつかって皿を落とし、もう最低と大声を出します。

席で常連のトロッターがいつものように居眠りしています。ハイディは肩をゆすって起こしますが、起きません。いつもと違う様子に驚いて確かめますが、眠るように亡くなってしまっています。ハイディは呆然として、死んだトロッターの前の席に座ります。

ホームカミングではハイディがウォルターと食事をしています。「これは何?」「ニョッキだ」「食べないの?」「食べるよ」「おいしいわ」「ここの料理はうまいんだ、もしかして初めて?」「そう、禁止されてるから」2人は仲良く会話をします。

ハイディが言います。「前に話した車の旅の事考えてたの」「車の旅の何を?」「どんな感じかなって思って」「車の旅を体験してないのはまずいね。俺が戻ったら2人で行こうよ」ウォルターが誘いますが、ハイディは返事をせず「何ていうところだっけ?あのフィッシュなんとか・・・」と言います。「ここだ、フィッシュ・キャンプ」ウォルターは地図を取り出し、場所を指し示します。「その後は?」「そうだな次は・・・」会話はつきません。

2人が食事をしている様子をクレイグが見て、驚いてコリンに電話します。しかしコリンは、ホームカミングのプレゼンを国防総省にする直前です。「しつこい電話だな」と言い電話に出ません。プレゼンが始まります。

トーマスとハイディの決意

トーマスは上司のパメラに報告しています。「それで?」「ベルファストが逃げて、バーグマンを家に送りました」「ハイディは陰謀を認めたの?」「彼女は動揺していたので可能な限りですが・・・」「これをあなたは監察総監に提出するつもりなのね?そう、いいわ」トーマスは部屋を出ます。パメラはガイスト社に電話します。「問題が起きたの。急を要することよ」パメラとガイスト社には癒着があったようです。

トーマスは国防総省のPCから苦情処理の確定ボタンを押します。仕事終えた満足感の中、オフィスを出ようとペンや名刺、手帳などをデスクに置きます(退職を暗示しています)。ポケットからシュライアに渡された1枚の葉っぱが出てきます。葉っぱもデスクに置き去ろうと思いますが、少し考え直してまたジャケットに戻します。

ダイナーはもう夜です。亡くなったトロッターさんが搬出されていきます。ダラは警察の現場検証に立ち会っています。ハイディはその様子を見ながら、エプロンと名札を置いて立ち去ります(仕事を辞める事を暗示しています)。ハイディは車でため息をつきます。バッグからグロリアへの封筒を取り出し、グロリアの家に行くことを決意します。

ハイディの面接

場面はハイディの、ガイスト社での面接に戻ります。コリンが履歴書を見ていいねと言い、ハイディが微笑みます。コリンが質問します。「経験とは何だと思う?」「経験?」「そう経験、過去や現状に精通しているということ。だが将来は?今後についてはどうだろう」

ハイディは「意味は分かるような気がします」と心配そうに答えます。「必要なものは情熱と集中力だ。まだ形のない新しい試みにチャレンジする人材が必要なんだ」と熱弁をふるうコリンに、ハイディは「私は経験が少ないのは分かっています。特化した訓練も受けていませんが間違いなく熱意はあります。ぜひこの仕事をやらせてください」と答えます。コリンは紋切り型のハイディの回答に失望して、「これで終わりです」と告げます。

ハイディが「もう少し話してもいいですか?」と言い、コリンは少し驚いてどうぞと言います。「必要なのはひるまない人ですよね。この仕事を生活の核にすること、この仕事に全身全霊を傾ける覚悟があります。最後まで全力でやりきります」ハイディは力強く訴えます。コリンはその様子を見て喜び、ハイディの採用を決めたようです。コリンの部屋には、マンチニールという樹木の名前がついています。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード9「仕事」の感想・評価・解説

エピソード9「仕事」は自分としては『ホームカミング』の中で最高に良かったエピソードでした。ところどころに伏線というかメタファーが散りばめられていて、それが全体のストーリーを補完するようにうまく効果的に働いていて良かったです。

例えばコリンが自分がした悪事(ハイディと寝た事と思われます)を妻のリディアに告白しようとして、王様の耳はロバの耳ではないですが、妻が苦しんで私に言わずに小さな箱に言ってスッキリして前に進もうと提案するシーン。悪人にも悪人なりの論理があり人生を生きていること、コリンは最低の人間ですが、妻や家族を心から愛し大切に思っていること、そして清濁併せ呑み家族のために働くコリンをリディアもサポートしていることが分かります。言いたくないことは言わなくていいのよ、家族には嘘をつきたくないという姿勢だけで十分なのよと伝えているようで、しんみりとした気分になりました。

そしてダイナーの常連である、トロッターさんの死。エピソード1から登場する人物で、単なるエキストラ的な立ち位置ですが、ハイディが真実を知った上でもやもやとしているところに起きた出来事で、もし私たちが現実で実際にこうした体験をしたらなにか(虫の知らせ的に)意味があるのではと思う出来事ですし、ドラマでもハイディはグロリアにホームカミングで自分のした事を告白する決意をします。おそらく人間はいつ死ぬか分からない、死ぬ前にすべきことがあるのではといった事が、ハイディの脳裏を巡ったのではないかと思います。

本エピソードではハイディがガイスト社で面接をする時のことが描かれますが、一度は紋切り型の回答をして不採用になりそうなハイディが、仕事を得るために「この仕事に全てを捧げる」と宣言して採用になるシーン、おそらく悪事をする・させる認識のあったコリンにとってはこの部分がハイディを気に入ったところなのでしょうね。だからコリンにとっては、ホームカミングが帰還兵を再派遣するためのプログラムであり倫理的に許されないことであっても、自分たちがそれに手を染めるのはお互い分かってたことだろうと感じるのでしょうし、逆にハイディにとっても後から真相を知ったとしても(知らなかったら責任は無いとも言えるのに)、本当は自分自身の意思で積極的に進めてきてしまったので大きな責任を感じてしまうことになるのでしょうね。これは厳密には伏線回収ではないのかもしれませんが、こういう理由や原因の回収は面白いなと思いました。

ちなみに、ハイディが面接するコリンの部屋の名前は「マンチニール」。果実に毒があり、世界で最も危険な樹と言われている樹木の名がついているのも、こうした悪事に足を踏み入れたことを暗示しているのでしょう。また樹木名のマンチニールはスペイン語由来で、かつ中南米に多いことも、おそらく中南米系に見えるコリンの部屋としてはふさわしい感じがします。

そしてトーマスがシュライアにもらった葉っぱ。これは解釈が難しいんですが、自分の仕事をやりきり満足して、おそらく仕事を辞める決意をしたトーマスに、監察は終わったとしてもホームカミングによる犠牲者は出てしまっているとか、あるいはまだ解決しなければいけない課題や謎は残っているとか、そういうことを暗示しているのかとも思います。

ストーリーとしてはだいたい進行した感じですね。ハイディは記憶をすべて取り戻します。2018年5月15日、ハイディはおそらく本来は与えてはいけない食事をウォルターに与え、自分も食べてしまいます。おそらくその事によって、2人は記憶障害になってしまったのでしょう。ハイディとウォルターの会話から、2人に強い絆ができているのが分かります。おそらく最終エピソードでは、ハイディがその後どうするのか、そしてウォルターがどうなったのかが描かれるのかと思います。

最後にエピソードタイトルは「仕事」。これは『ホームカミング』では珍しく、ハイディがガイスト社で仕事につくきっかけや仕事に対するスタンス、コリンやトーマスそれぞれの仕事に対するこだわりが描かれる本エピソードの内容にそったタイトルだと思います。

-映画

執筆者:

関連記事

AI崩壊

工藤元(kudogen)の映画あらすじ・ネタバレ解説『AI崩壊』

※2021年9月10日更新 実際に映画館で観た感想をもとに、映画『AI崩壊』の内容・あらすじ・結末をネタバレで解説しています。監督や出演俳優・キャスト、感想や評判も紹介します。 大沢たかお主演、『22 …

ホームカミング_s2e6

ドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード6「針」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン2エピソード6「針」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています …

ホームカミング_s1e10

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード10「停止」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード10「停止」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説してい …

ザ・ループ_シーズン1_エピソード1

工藤元(kudogen)のドラマあらすじネタバレ解説『ザ・ループ』シーズン1エピソード1「ループ」Amazonオリジナル『TALES FROM THE LOOP』

※2021年9月24日更新 Amazonオリジナル『ザ・ループ』シーズン1エピソード1「ループ」のあらすじを詳細までネタバレで紹介、登場人物や伏線、結末ラストを詳しく解説しています。 Amazonオリ …

ホームカミング_s2e7

ドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソードエピソード7「再演」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン2エピソード1エピソード7「再演」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく …