工藤元(kudogen)公式 映画・ドラマ評論家

工藤元(kudogen)。1990年生まれの31歳。大阪府在住。 映画・ドラマが大好きで、年間200タイトル以上を視聴しています。工藤元(kudogen)公式では、私が実際に視聴した映画・ドラマを、あらすじ・ネタバレでご紹介。感想・解説・評価もあわせてご紹介します。

映画

ドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード2「怪物」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

投稿日:2020年5月22日 更新日:

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン2エピソード2「怪物」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。

※全シーズン全エピソードのあらすじ(ネタバレ)、製作・監督・俳優キャストについては別記事で詳しく解説しています。

『ホームカミング Homecoming』全シーズン全エピソードをあらすじネタバレで解説。登場人物・人間関係、キャスト、結末・ラスト、感想・評価も紹介

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』各エピソードのネタバレあらすじ

シーズン1

シーズン1の各エピソードについては、他の記事で詳しく解説しています。

シーズン2

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード2「怪物」のネタバレあらすじ(概要)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

ジャクリーンはアレックスの車を見つけ出し、登録証からその住所に向かいます。そこにはオードリーがいたので、追跡してガイスト社に向かいます。オードリーはガイスト社のオーナーのレナードと話しますが、レナードは刑務所に入る可能性があり、外部パートナーから圧力を受けているようです。

ジャクリーンは、ガイスト社でアロマの香りのモニターを装い侵入します。途中で逃げ出し幹部のフロアを見つけ、オードリーの部屋に忍び込みます。自分が打たれたかもしれない薬のアンプルと、自分の写真が貼られているのを発見します。

レナードは従業員の前でスピーチしますが、途中で外部パートナーの話になったためオードリーは強引に打ち切ります。オードリーはジャクリーンを見つけキスします。ジャクリーンはアレックスという名前で2人は恋人どうしだったようです。オードリーは「ウォルターはどこにいる?」と質問しますが、もちろんジャクリーンには何のことかわかりません。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード2「怪物」のネタバレあらすじ・伏線・ストーリー(詳細)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

アレックス・イースタンを探す

ジャクリーンはホテルの外に泊めてある車から、盗難防止のクラクションが鳴り続いているのに気づきます。もしかしてと思い、湖畔で拾った電子キーのスイッチを押すとクラクションが鳴り止みます。この車のキーだったようです。車両登録証を確認した後、ジャクリーンは意を決して車のトランクを開けます。想像に反して中には猫用の砂が1袋入っているだけでした(伏線です)。

翌朝、ジャクリーンはぼおっとして、これからどうしようと考えます。改めて車両登録証を見ると持ち主の名は、見つけたクレジットカードと同じアレックス・イースタンです。住所も載っています。ジャクリーンはホームセンターに行きハンマーを1つ買おうとしますが(伏線回収)、スタンガンを見つけてそちらに変更します。

ジャクリーンはアレックス・イースタンの住所へ車を走らせます。一軒家に裏から入っていくと中では、オードリー・テンプルが電話で誰かと「レナードがお披露目パーティでスピーチ?」と話しています。オードリーは出窓にいた猫を部屋に戻します(伏線回収)。ジャクリーンは半開きになった窓を開けて家に侵入します。

ジャクリーンはスタンガンを握りしめながら、用心深く家の中を進んでいきます。ガイストの袋があります。オードリーが「アレックス、出てよ」と携帯で話しながらやってきたので、ジャクリーンはテーブルの下に隠れます。「ゆうべはなぜ電話をくれなかったの?例のしくじったっていう話をオフィスで聞かせて」

オードリーを追ってガイスト社に

オードリーはオフィスに出勤するようです。ジャクリーンは外に出て車でオードリーを追跡します。車は町を抜けて田舎道を進んでいきます。大きな農場の横にガイスト社のオフィスがあります。ジャクリーンは注射器に貼られた「ガイスト」という文字を見て、ここに何か手がかりがあると感じます。ジャクリーンは受付でビジター用駐車場に案内され、オードリーは従業員用駐車場に進みます。

オードリーは駐車場に掲示された「コリン・ベルファスト」という看板を剥ぎ取り、憎しみをこめて叩き割り捨てます。エレベーターに乗り込み「強く、さりげなく強くよ」と自分に言い聞かせます(伏線です)。エレベーターが開いて同僚の男性レインが「おはよう」と突然声をかけてきて驚きます。

オードリーとレインは歩きます。レインが「レナードに何て言えば・・・まさか関わっているとは」「彼は関わっていないわ」オードリーは、お披露目パーティの会場の飾り付けやDJの手配を確認します。レインはオードリーの部下のようで、逐一指示を仰ぎます。

ジャクリーンは、ビジターとしてガイスト社に入ります。中で従業員に「テストのモニターの方ですよね?」と声をかけられ、何のことかわかりませんが「そうです」と返事します。「遅刻ですよ」と言われ奥へと連れて行かれます。1室に案内されると丸いテーブルを取り囲むように、数人の男女が座っています。従業員に、左手に心拍数か何かを図るセンサーを取り付けられ、テーブルの中央の機器が作動します。

蛍光灯の光が赤く変わりテーブル中央の機器から何かが噴霧されます。ジャクリーンは危険を感じて立ち上がりドアを叩きます。ガイスト社の職員クレイグが出てきてドアを開け、「なにか問題でも?アロマを吸って後で意見を聞かせて」と言います。ジャクリーンは渋々席に戻ります。

オードリーとレインは「レナードは昨日から温室でスピーチを考えている」などとレナードの話をしながらオフィスを歩きます。レインはケータリング業者の事をオードリーに聞き、別の部下は何かの薬の事を尋ねます。オードリーは沢山の部下を持つかなり上のポジションにいるようです。オードリーはオフィスを進んで温室までたどりつきます。入る前に呼吸を整えます(伏線回収)。

テストの部屋ではモニターがクレイグと意見を言い合います。「柑橘系は苦手で・・・」「僕は単純過ぎる香りだと思う」「面白い意見だ」「顧客を馬鹿にしてるって意味よ」ジャクリーンは「ここは芳香剤の会社?」と聞きます。クレイグは「せっけん、洗剤、接着剤など日用品全般だ」ジャクリーンは「具合が悪いから化粧室に行かせて」と言いますが「少し待ってて」と言われます。

オードリーが温室に入ると犬がいます。「ニクソン、あっちへ行け」と奥からレナードの声がします。「おはようございます。スピーチの目的は?」「今エアーウルフという映画を見てる」「刑務所では見れないから今のうちに・・・」「そうならないかもしれない」「スピーチは認められません」「2週間前に名前も知らなかったお前がなぜそんな馴れ馴れしい口のききかたをするんだ?」オードリーは虚を突かれますがすぐに「今は知っていますよね」と言い返します。

「不安でしょうが乗り越えましょう・・・」「俺はよく状況を理解している」「助けになります。もとの平常に戻りましょう。新しいパートナーと提携するしか・・・」「パートナーなんて馬鹿げてる」「主導権は彼らにあるのよ」「お前の思い通りだな」「私は現実を受け入れます」「現実は違う。ここは俺の会社で俺が指示を出す」オードリーは呆れて両手を上げ、温室を出ます。思うような話ができなかったようです。

オードリーとジャクリーンの関係

クレイグはモニターを連れて部屋を出て社内を先導します。お礼の試供品を渡すので列に並んでと言いますが、ジャクリーンはあたりを探ります。オードリーの姿を階上に見つけます。オードリーはアレックスに「どこにいるの?連絡して」とメールをしています。クレイグはジャクリーンに列に並ぶよう促しますが、ジャクリーンは隙を見つけて逃げ出し、後を追ってきたクレイグをスタンガンで気絶させます。

ジャクリーンはガイスト社の奥へと忍び込みます。階段を上がっていき幹部の部屋があるフロアにたどりつきます。オードリーの部屋を見つけて忍び込みます。自分が注射器で打たれた薬が入っていると思われるアンプルを見つけます。デスクで書類をあさるうちに、自分の写真が壁に貼り付けてあることに気づきます。

ジャクリーンは戦場での写真と、この写真を見比べます。その時館内放送が流れます。お披露目パーティでレナードのスピーチが始まったようです。ガイスト社の沢山の従業員が聞き入っています。「みんなキャンプは好きか?」拍手があがります。「キャンプで肉や野菜を食べる。前には焚き火、空には満天の星。それでどうする?フルートを吹くと他のキャンパーがそれを聞き寄ってきて、気がつけば沢山の人が集まってくる。ガイストはそんな存在なんだ。」

「でも怪物がやってくる。飢えたメスがやってきて、焚き火や食い物を欲しがるんだ」オードリーは自分の事やパートナーの事を暗示しているような気がして気まずい顔をします。レナードはスピーチを続け、その間にジャクリーンはオードリーに近づきます。「怪物は音楽を聞いたか?そんなものどうてもいい・・・」みなレナードが何の話をしているのか分からず困惑し始めます。オードリーは見かねてサインを出しますが、レナードは「ただの例えだ、出てくるな」と相手にしません。

レナードは社員に向けて言います。「俺は警告する。最後のチャンスだ。我々はキャンパー、怪物はそいつらだ!」とどこかを指差します。オードリーはマイクを切って風船を上げるように指示します。マイクが切られ音楽が流れ風船があがります。レナードは「スピーチは終わってない・・・」と言いますが、もう誰も聞いていないのに気づき諦めます。

オードリーは会場にジャクリーンが来ているのを知り驚きながら駆け寄ります。ジャクリーンは「あんた何なの?」と言いかけますが、オードリーは突然キスしてきます。「アレックス、今までどこにいたの?」「アレックス?誰それ」オードリーは驚き「大丈夫?」と尋ねますが、ジャクリーンの様子がおかしい事に気づきます。「ウォルター・クルーズはどこに?」と尋ねますがジャクリーンは何も分からず答えられません。オードリーはそれを見て「こっちへ来て」とジャクリーンを奥に連れていきます。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード2「怪物」の感想・評価・解説

『ホームカミング』シーズン2エピソード2のタイトルは「怪物」。これはレナード・ガイストのスピーチで、おそらく家族経営のようなスタンスのガイストを乗っ取ろうとするような存在である外部のビジネスパートナーを例えて言った言葉ですが、相変わらずエピソード全体の内容には関係のない感じですね。

シーズン1ではどちらかと言えばドライでむしろここで「怪物」と言われた存在に近いように描かれた存在のガイスト社が、逆にハートフルのような存在として語られるのは意外ですね。まああくまでレナード・ガイスト本人が言っているだけですが。

本エピソードでは、シーズン1の懐かしい面々が出てきました。ラストでコリンを更迭したオードリー。長年馬鹿にされてきたコリン・ベルファストの名札サインを見て、忌々しげに叩きつけて割るシーンは笑えますねw それからハイディの同僚クレイグ。レナード・ガイストは「幹部でなければ会えない農場にいるなぞの独裁者」という感じでしたが、なんか気さくに従業員の前でスピーチするとか考えられない展開になっています。まあこの辺は今後なぜ変わったのかも明らかになるかもしれません。

ストーリーとしては、本エピソードではジャクリーンの謎はそこまで解明されませんが、オードリーが探していたアレックス・イースタン=ジャクリーンであることが明らかになりました。それどころかオードリーが突然キスする上、住所が同じということは一緒に住んでいた恋人どうしだったようです。LGBTネタを普通に突っ込んでくるのはアメリカらしいですね。

前エピソードでは、ジャクリーンから「しくじった」という連絡をオードリーは受けてから連絡がつかなくなった(ジャクリーンが携帯を湖に落としたから)ようなので、おそらくオードリーも知っていたジャクリーンがやろうとしていた事に失敗し、記憶を失う羽目になったのではないかと推測されます。また、そこにはシーズン1の主役級だったウォルターが関わっていそうという・・・。本エピソードの最後でオードリーが「ちょっと来て」とジャクリーンを連れて行くので、次エピソードではこの辺りの謎はある程度説明されそうです。

また、新たな謎というか状況が語られます。なぜかレナードは刑務所に行く可能性があるということ、そして独裁者だったレナードが外部パートナーから指図を受けるような局面に陥る可能性があるということです。何が起きたのでしょうか。エピソード1では単なる秘書だったオードリーが、その外部パートナー側に近いような感じなのも気になるところです。2週間前までレナードはオードリーの名前も知らなかったというところから、シーズン2はシーズン1からあまり時間が経っていないことがわかります。ということはトーマスによる国防総省の監察をきっかけとして、ロンやコリンは更迭されましたが、レナード自身もその影響は受けざるを得なかったことや、実はオードリーは一連の流れを誘導していた可能性もありそうですね。

ほか、エピソード1でバディがハンマーを武器にしていて、ラストでジャクリーンが殴られてその伏線は回収されたのですが、エピソード2でもジャクリーンが武器を買おうと一度ハンマーを選ぶ(結局スタンガンに変更しますが)シーンでまた伏線が回収されました。考えてみるとクレイグを気絶させるためだけの小道具なので、ストーリー的にはあまり必要ない伏線とも思うのですが、このハンマーは今後も出てきそうな気がしますね。面白い伏線だと思いました。一方でアレックスの車のトランクに入っていた猫砂と、オードリーが猫を飼っていたなど伏線があからさますぎかなと感じる部分もあり、少し残念なところもあるエピソードでした。

-映画

執筆者:

関連記事

ホームカミング_s2e4

ドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード4「せっけん」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン2エピソード4「せっけん」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説して …

アップロード_8

『アップロード』シーズン1エピソード8「天国選び」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード8「天国選び」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説し …

アップロード_7

『アップロード』シーズン1エピソード7「パパの見学」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード7「パパの見学」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説 …

アップロード

『アップロード』全シーズンエピソードあらすじネタバレ登場人物キャスト人間関係結末ラスト感想解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』の全シーズンエピソードのあらすじをネタバレで、登場人物、伏線やストーリー、結末ラスト、感想評価を詳しく解説しています。製作・監督・ …

アップロード_9

『アップロード』シーズン1エピソード9「アップデート前夜」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード9「アップデート前夜」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳し …