工藤元(kudogen)公式 映画・ドラマ評論家

工藤元(kudogen)。1990年生まれの31歳。大阪府在住。 映画・ドラマが大好きで、年間200タイトル以上を視聴しています。工藤元(kudogen)公式では、私が実際に視聴した映画・ドラマを、あらすじ・ネタバレでご紹介。感想・解説・評価もあわせてご紹介します。

映画

ドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード6「針」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

投稿日:2020年5月28日 更新日:

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン2エピソード6「針」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。

※全シーズン全エピソードのあらすじ(ネタバレ)、製作・監督・俳優キャストについては別記事で詳しく解説しています。

『ホームカミング Homecoming』全シーズン全エピソードをあらすじネタバレで解説。登場人物・人間関係、キャスト、結末・ラスト、感想・評価も紹介

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』各エピソードのネタバレあらすじ

シーズン1

シーズン1の各エピソードについては、他の記事で詳しく解説しています。

シーズン2

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード6「針」のネタバレあらすじ(概要)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

アレックスはウォルターが記憶を探っているのを止めるため、ローラーを直接注射して記憶を喪失させることを決意します。スーパーで買った注射器にローラーを注入しウォルターを訪ね、家に忍び込みますが留守でした。

モーテルに戻るとそこにはウォルターがいます。2人は一緒に釣りに行くことにします。湖に着き、アレックスが嘘をついている事がバレていることが分かります。アレックスは昨日尾行されていたのです。

アレックスはウォルターを油断させローラーを注射しようとしますが、ウォルターは反射的に避けて、逆にアレックスにローラーが注射されます。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード6「針」のネタバレあらすじ・伏線・ストーリー(詳細)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

アレックスの焦り

アレックスのモーテルに、スーパーから買ってきた注射器とメロンがあります。鏡の前で、ウォルターの山小屋を訪ねる練習をします。「気分転換に歩いて来たんだけど寄っていい?昨日の話の続きをしたいわ」と言って、ウォルターの身体に見立てたメロンに、ポケットに入れた注射器を刺す練習を何度も何度もしますがうまくいきません。最後にようやくうまく刺さったので、注射器にローラーの液体を注入します。アレックスはクローゼットに荷物を隠しモーテルを後にします(伏線回収)。

アレックスはウォルターの山小屋を訪ねドアをノックします。反応がないのでドアを開けるとカギがかかっていません。アレックスは寝室に忍び込み(伏線です)、床にウォルターの個人記録が落ちているのに気づき、時間がないと焦ります。

アレックスは車を走らせながらガイスト社に電話します。警備部門にウォルターが来るかもしれないと警告しながらモーテルに戻ると、部屋のドアの前にウォルターがいます。アレックスは驚きますが慌てて電話を切って誤魔化します。

「君も二日酔い?」とウォルターは言い、「昨日やつあたりしてすまなかった」と謝ってきます。アレックスも「私の方こそでしゃばりすぎた」と謝ります。ウォルターは「今日ガイストに行くよ。必要なことだから」と言いますが、その前に釣りに行かないかとアレックスを誘います。アレックスはウォルターにローラーを注射するチャンスだと思い、一緒に釣りに行くことにします。都合よく観光客がいない湖のようです。

ウォルターの質問

ドライブしながらウォルターはアレックスに質問します。生まれたところ、故郷・・・アレックスは何か疑われているのかと少しイライラした様子を見せますが、ウォルターは「僕は全部話したから君の話を聞きたい」と言います。戦地の話になり適当にごまかすアレックスに、ウォルターは具体的に話すように迫ります。アレックスは「砂が体中に入るのが嫌だった、アソコにね」と言い、ウォルターは面白いと笑います。しつこく質問するウォルターに、アレックスは「昨日の事は謝ったのに何か文句があるの?」と言います。

ウォルターは話題を変え、アレックスの彼女のオードリーの話を聞きます。アレックスが付き合って5年になると言ったところで、前から大きなトラックが来たのでウォルターは路肩に車を寄せます。アレックスは、トラックに気を取られているウォルターに注射を打とうとしますが、結局気付かれ実行できません。

ウォルターにせがまれ、オードリーとのプライベートの話をします。「問題は結婚じゃないのよ、子供なの」「彼女は要らないって?」「欲しがってるけど、子供のとき辛い思いをしたから母親になるのを恐れてるの。でも良い母親になるはず、シリアルを無意識にABC順に並べるのよ」「几帳面な性格っぽいね」「それも問題なの。どんな事もリスクを無くそうとする」「それは良くないの?」「良くないわ、リスクは常にあるから」

ウォルターは「それで、これからどうする気?」と聞き、アレックスは「分からないけど妥協するかな」と答えます。ウォルターは「もしかすると、他に不安があるのかも。例えば君自身にね」と言います。アレックスは鼻で笑いますが、何か思い当たることがあるのか少し考え込みます。

気付かれていた秘密

2人は車を降りて湖に向かいます。ウォルターが軍隊の話をします。「夜中にいきなり起こされて尋問のテストをされる、情報を守れるかどうかのね」「ああ、あれね」アレックスは適当に話を合わせます。「俺は地下に閉じ込められたんだ、眠らせない拷問を受けてね。最後に教官が卓球に誘われて、優しくされて結局情報を守れず色々な話をしてしまったよ」

ウォルターは続けます。「昨日、この事を思い出したんだ」「どうして思い出したの?」ウォルターは真剣な顔で「君が優しかったからさ」と告げます。アレックスは緊張して「仕事だからよ」と答えますが、ウォルターは「でも君は昨日『メートル』って言った」と言います。何のことか分からないアレックスに、ウォルターは詰め寄ります。「狙撃兵は距離をヤードで言う、メートルじゃないんだ」(伏線回収)

アレックスは「そうか、間違えたわね」と誤魔化しますが、ウォルターは「俺も単なる間違いだと思ったよ、でも違う」と続けます。ウォルターは昨日アレックスの様子を見ていたことを告げ「君はモーテルに入った」と言います。「疲れたから身体を休めたかったの」と言い訳するアレックスに、ウォルターは「でも君は出てきた。バスで来てたと言っていたのに、立派な車に乗り込んだ」と迫ります。アレックスは嘘がバレたと知りバツの悪い顔をします。

ウォルターはアレックスを尾行していたようです。ウォルターは、アレックスがウォルターの家に忍び込むところを見ていたのです。もう誤魔化せないと悟ったアレックスは、踵を返して逃げ出します。追うウォルターに、アレックスは崖に追い詰められます。「来ないで!」「何が目的で俺に近づいた?」

ウォルターは「何があったか知りたいだけなんだ、教えてくれ」と聞きます。アレックスは「ガイストよ」と答えます。「ガイストは俺に何をしたんだ?」「あなたが探ったからよ」「俺は何を調べた?」「治療のことよ、その影響も」アレックスは全部話すわと言って油断させ、ローラーの注射を打とうとウォルターに近づきます。

アレックスが注射を打とうとポケットから注射器を出した瞬間、携帯がこぼれ落ちてウォルターは反応し、アレックスの手を反射的に抑えこむと、注射は逆にアレックスに打たれてしまいます。呆然とするアレックスは側にあったボートに乗り込み、湖を漂い逃げていきます。

アレックスはボートの上でオードリーに電話をします。「しくじった、ごめん。ウォルターが知ってしまった」オードリーは「何のこと?」と聞きますが、アレックスはローラーの影響で気絶し、記憶を失います。ガイスト社では、翌日のイベントの準備が進められています。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード6「針」の感想・評価・解説

エピソード6「針」は全般通してアレックスとウォルターの2人のドラマが描かれます。ローラーをウォルターに注射して記憶を失わせようというアレックスと、実はアレックスが偽のNPOということに気づいていたウォルターとの緊迫したやりとりが交わされます。途中までウォルターが気づいているのか気づいていないのかはっきりせず、観ていてハラハラする感じが良かったですね。エピソードタイトルの「針」はもちろん注射器の事です。

ウォルターが、アレックスが嘘をついていると気づいたのは、やはりアレックスが語った戦地での偽のエピソードからでした。狙撃兵は距離を「ヤード」で話すのに、アレックスは「メートル」と言ってしまったんですね。ここは明らかに伏線とばかりにウォルターがピクリと反応したシーンでしたが、やっぱり伏線でしたね。前のエピソードタイトルの「メートル」はあまり内容に関係ないと思っていましたが、実はタイトルも伏線だったんですね!なかなか良い仕掛けだったと思います。

このエピソードで、なぜアレックスが湖に浮かぶボートの上で目覚めたのか、なぜ記憶がないのかが明確に語られました。しかしこれは無理があるでしょう!!笑 まあ釣りに出かけてボートに乗って、そこでローラーの注射を打たれた事は予想できましたが、実際のところどうやって打たれたのかが分からなかったんですよね。まさか偶然とは笑

これが偶然じゃなくウォルターが軍隊で格闘術を習っていたという設定なら(もしかすると次エピソードで語られるかもですが)注射を打たれそうになっても咄嗟に避けるのは分からないでもないですが、流石にアレックスには打ち返せないでしょ笑 しかも覚醒剤の常習患者みたいにアレックスの肘に注射跡があるのはちょっと無理がありますよね。ここはもう少しなんとか工夫してほしかったですね。

あと、ここまでは百歩譲って良いとして、なぜウォルターが目覚めたアレックスを置いて逃げたかですね。この時点でローラーによりアレックスが記憶を失っているとはウォルターには分からないはずなので、あそこで逃げる必要無いと思うんですがどうですかね?逃げないで助けるのが普通かと思います。まあこの辺も含め最終エピソードでどこまで自然に回収するかは楽しみにしておきます。

さて、直接ストーリーとは関係ない部分ですが、アメリカ人と日本人の感覚の差なのか、アレックスがオードリーについてのろけ?というかポジティブに評価する「シリアルを無意識にABC順に並べる」というのが全く意味不明でした。アルファベットのシリアルなんでしょうけど、それ並べるのを“きちんとしてる“と評価するんですかね?私の感覚だと子供っぽいという感じなんですが・・・

-映画

執筆者:

関連記事

アップロード_10

『アップロード』シーズン1エピソード10「フリーヨンド」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード10「フリーヨンド」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく …

アップロード_4

『アップロード』シーズン1エピソード4「セックススーツ」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード4「セックススーツ」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく …

ペイン・アンド・グローリー

【初日に鑑賞】映画『ペイン・アンド・グローリー』あらすじネタバレ結末ラスト伏線感想評判

2020年6月19日(金)、公開初日の朝イチに映画『ペイン・アンド・グローリー』を映画館で鑑賞してきました!詳しいあらすじをネタバレで紹介、内容・ストーリー・伏線、結末・ラスト、感想や評判・評価、監督 …

アップロード_1

『アップロード』シーズン1エピソード1「アップロードへようこそ」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード1「アップロードへようこそ」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価 …

ホームカミング_s1e2

ドラマ『ホームカミング』シーズン1エピソード2「パイナップル」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン1エピソード2「パイナップル」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説 …