成功する転職サイト

映画やドラマなどのあらすじをネタバレでご紹介。

映画

ドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソードエピソード7「再演」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

投稿日:

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン2エピソード1エピソード7「再演」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。

※全シーズン全エピソードのあらすじ(ネタバレ)、製作・監督・俳優キャストについては別記事で詳しく解説しています。

『ホームカミング Homecoming』全シーズン全エピソードをあらすじネタバレで解説。登場人物・人間関係、キャスト、結末・ラスト、感想・評価も紹介

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』各エピソードのネタバレあらすじ

シーズン1

シーズン1の各エピソードについては、他の記事で詳しく解説しています。

シーズン2

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード7「再演」のネタバレあらすじ(概要)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

ウォルターは記憶を失ったアレックスを見捨ててガイスト社に向かいます。レナードと会い自分に起こった事のすべてを知り、ホームカミングとローラーをすべて無くす事を決意します。

ガイスト社では国防総省向けのイベントが開かれます。レナードがスピーチを中断され、オードリーはブンダに手腕を評価されます。そこにアレックスが現れオードリーに詰め寄り、アレックスも何があったかを理解します。記憶は戻りませんが、何か悪いことをしていると感じ取ったのです。

ウォルターは密かにイベント会場に忍び込み、乾杯用のドリンクにローラーを混ぜ、出席者全員が記憶を失います。アレックスはそれに気づきますが敢えて止めず、ただ目覚めた時のためにオードリーに寄り添います。すべてを終わらせたウォルターは、ホームカミングで記憶を失った帰還兵を訪問し、何が起こったか教えることを決意します。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード7「再演」のネタバレあらすじ・伏線・ストーリー(詳細)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

レナードと会うウォルター

予想外の展開にウォルターは戸惑い、どうしたら良いのかわかりません。落ちていた注射器を拾うと、ちょうどボートでは記憶を失ったアレックスが「助けて!」と叫んでいます。ウォルターは混乱したままその場を離れます。車に戻り少し考えますが、エンジンをかけ車を走らせていきます。

真夜中、ウォルターがやってきたのはガイストの農場です。レナードが出てきて「誰だ?何しに来た?」と警告し、ウォルターは「ガイスト社に行きたい」と答えます。「パーティは明日だぞ?」と訝しがるレナードに、ウォルターは「あなたはガイスト社の社員?」と聞きます。「クズどもが会社に来るまではな」とレナードは答えます。

レナードのスピーチ

ガイスト社ではオードリーとレナードがスピーチの件で言い争いをしています。「2週間前まではお前の名前も知らなかったのに、なれなれしい口をきくな」とレナードが言えば、オードリーは「今は知っていますよね」と必死で言い返します。「俺は何が起きているかは正確に分かっている」「協力しますので平常に戻りましょう」「平常などないさ」

国防総省とのビジネスを進めたいオードリーは「新しいパートナーと提携するしかない」と言いますが、レナードは「馬鹿げてる」と相手にしません。「何と言おうと主導権は国防総省にあります」「お前の思い通りだな」「私は現実的なんです」レナードは言います。「ここは俺の会社だ。何を言われようと、スピーチでは言いたいことを話す」オードリーは呆れて立ち去ります。

ガイスト社では国防総省のためのプレゼンイベントが開かれようとしています。記憶を失ったアレックスがオードリーの部屋に忍び込み、レナードが壇上へと向かいます。レナードはスピーチを始めます。

国防総省のブンダはスタッフとローラーの効能について語っています。「食べたり飲んだり触ったりせず、部屋の空気を吸うだけで効果を出せれば良いね」ブンダは「素晴らしいアイデアよ」と興奮します。その時、レナードはスピーチで「怪物はあいつらだ。我々の仕事を奪う」とブンダ達を指差します。ブンダは馬鹿にしたように親指をたてます。オードリーにマイクを切られ音楽を流され、レナードのスピーチは終了です。

アレックスとオードリーの再会

会場で、アレックスはオードリーに「あんた誰なの!?」と駆け寄りますが、オードリーは熱いキスをしてきます。「アレックス、今までどこにいたの?」とオードリーは尋ねますが、記憶のないアレックスは「何を言ってるの?」と答えます。オードリーは異変に気づき「ウォルター・クルーズは?」と聞きますが、さっぱり要領を得ません。人目を避けて会場の隅に引っ張っていきます。「どうしたのアレックス?」「なぜ私のことをアレックスと呼ぶの?」「あなたの名前だからよ」「アレックスは私を襲った人の名前でしょ?私なジャクリーン・キャリコ・・・」「え?それはうちの猫の名前よ?」

アレックスは呆然とします。オードリーの部下のウェンディがやってきて仕事の文句を言い出し、ウェンディはアレックスに挨拶しますが、それどころではない2人は適当にあしらいます。オードリーは「私のことが分からないの?」と聞きますが、アレックスはスタンガンを出して脅し、一緒に歩きながら質問します。

「ウォルター・クルーズって誰?」「退役軍人よ。会ったでしょ?」「何のために?」突然クレイグが「彼女が僕にスタンガンを当てたんだ」とアレックスを捕まえます。しかしオードリーが強引に誤魔化すので、クレイグは諦めて立ち去ります。アレックスは聞きます。「ここは何なの?」「ガイスト社、私の職場よ」

国防総省のブンダが声をかけてきます。国防総省のスタッフに「オードリーはこの会社のまとめ役なの」と紹介した後、アレックスに気づき挨拶してきますがオードリーは適当にあしらい立ち去ろうとします。ブンダはそれを引き止め、スタッフがローラーの効能について質問してきます。「記憶喪失の効果は永続的?」「まだ研究中でして・・・」記憶喪失と聞いてアレックスが口を挟んできますが、オードリーは慌ててアレックスを連れて離れます。ブンダから、重要な話があるからすぐ戻ってと釘を刺されます。

真実を知るウォルターとアレックス

場面は昨夜に戻ります。レナードが「何しに来た?」と聞くと、ウォルターは「ガイスト社のクソどもに用がある」と答えます。「俺はあいつらに何かされたんだ。今はそのせいで追われてる、だから話をするんだ」レナードは、ウォルターがホームカミングの入居者と気づき「あの治療プログラムの1人か」と呟きます。「来い、中で話そう」

レナードは家でファイルを見て「ウォルター・クルーズ、君だな」と言います。オードリーが持ってきた治療報告書です。ウォルターはそれを見て「あなたは誰?」と言います。

一方、アレックスは同じ報告書をオードリーに見せられます。「これは誰?」「ウォルター・クルーズよ」「彼は私に何かしたの?」「多分ね」「私はなぜ彼のところに行ったの?」「それがあなたの仕事だからよ。会社が誰かと揉めるとそれを解決するの」「それが私の仕事なら、彼の問題は何なの?」「私たちは彼にローラーを注射して事件が起きた」アレックスは理解したとばかりに「それを私が解決しに行ったって訳だ」と言います。

「私のタトゥーは?」「タトゥーなんて無いわ」「あったのよ、偽物だけど。IDも偽物。なぜそんな物が必要だったの?」「それは複雑な事情があって・・・」「いいから教えて」躊躇うオードリーにアレックスは畳み掛けます。「私は彼に何かしたのよ。覚えてないけど、目覚めた瞬間に感じたの」オードリーは何かを決意したように真実を話します。「彼は私たちにとって脅威だったの。だから私たちの人生のために、彼を何とかしようとしたのよ」

「私たち?」オードリーと交際していたと知らないアレックスは聞き返します。「そうよ。あなたと私2人だけがすべて。後は他人よ」オードリーは、会場に戻らないととアレックスに言います。「一緒に行って、家に帰りましょう」

一方、ウォルターは記録を読んで記憶を消された事を知ります。「なぜ記憶を消したんだ?」「その方が使えると思ったんだろ」「記憶は戻せる?」レナードは心底すまなそうに「悪いが無理だ」と答えます。黙り込む2人。ウォルターが口を開きます。「残った薬を使って終わらせろ」レナードは、それは倫理的にできないと拒否します。ウォルターは「倫理なんてどうだっていい、やれ」と言います。

ウォルターは突然自分のプロフィールを語りだします。出身地、所属していたクラブ、初めてつきあった彼女、次の娘のタトゥー・・・「何が言いたい?」「俺が覚えていることだよ。入隊した時の事や砂漠は覚えている。軍務や帰国後の事は全く記憶にないんだ」「そこから新しい人生を築けばいい」「できないんだ、記憶が無いことがずっとつきまとう。心が痛むんだよ。プログラムを終わらせるんだ」「それは無理だ。ローラーは人間の手に負えるものじゃない。私はあの薬のためにすべてを失ったんだ。なのにあいつらはそれを祝うんだとさ!」

自嘲気味に言うレナードにウォルターが聞きます。「何を祝うんだ?」「知らんよ。君みたいな人間が増えることをじゃないのか?」ウォルターはそれを聞き「またやるって事か?」と怒ります。「私は努力したんだ」とレナードは言いますが、ウォルターは「社長だろ?何とかしてくれよ」と言います。「私は年寄りで社内は敵ばかり。無理だ」「あんたは年寄りじゃない、いじけてるだけだ」レナードは痛いところを突かれます。

ウォルターが選んだ結末

ガイストのパーティー会場では社員が大盛りあがりです。国防総省のブンダがスピーチします。「私が出征したとき女性は私だけで、私は片隅に追いやられていた。この会社も同じようにオードリーを邪魔者扱いしていたのね。でもそれは今日まで。オードリー、あなたは奇跡の人よ」オードリーは褒められて喜びます。アレックスは落ち着かない様子であたりを伺います。給仕人に扮したウォルターがおそらく大量のローラーがはいっていたポリタンクを運んでいるのが見えます。ウォルターもアレックスに気づき驚きますが、そのまま立ち去ります。

会場ではブンダが「乾杯!」と叫び、ガイストの全員がカップに入った飲み物を飲み干します。皆の様子が少しおかしくなります。そうです、ウォルターはガイスト社に保存してあったローラーをドリンクサーバーに混ぜて皆に飲ませたのでした。アレックスはそれに気づき、ローラーの入ったカップを飲まずに置きます。オードリーは自分が出世し中心となった事を意味して「これが私たちの望んだことよ」とアレックスに言い、ローラー入りのドリンクを飲み干します。アレックスはあえて止めません。

会場では飲み物を飲んだ人が1人、また1人と意識を失い倒れていきます。何が起こったのかと呆然とするオードリー。ふと見ると階上にレナードが笑ってこちらを見ていて、じゃあなと去っていきます。オードリーはローラーを飲まされた事に気づき「まさかそんな・・・」と呟きます。

何分、何時間経ったのでしょうかウォルターが会場に戻ります。会場では沢山の人が意識を失い倒れています。レナードの部屋まで行き、2人は何とも言えない表情で見つめ合います。会場では意識を失いつつあるオードリーが聞きます。「薬が効くと痛くなるの?」アレックスは答えます。「覚えてない」オードリーは立っていられず座って嗚咽します。「あの朝もう一度眠れば良かった(ウォルターから退役軍人局への情報開示があった事を知った朝)」「何のこと?」「オリーブ、かわいい名前ね」アレックスはもちろん訳が分かりません。「オリーブ」オードリーはもう一度呟きます。アレックスはオードリーの側に座ります。

農場ではブンダが座り込んでいて、レナードが犬を連れて近寄ります。意識を失いつつあるブンダは「ローラーの効果は本物ね。あと何時間残されているの?」と聞きます。「さあね。飲んだ量によるだろう」「私の娘が来週結婚して、私がヴァージンロードを歩くのよ・・・それで、このローラーは全部破棄するの?」「そうだな」「私は壮大なプロジェクトを計画したのよ。あなたは何をしたっていうのよ?」「すべてぶち壊すこと。これがベストだ」

ブンダは笑って「あなたは頑固で視野が狭いわ」と言います。レナードは「これが唯一の見方さ」と言いますが、「もっと沢山の解釈があるわよ」と言い返します。「1つだめでも次の解釈、続けていけば何でも可能性はあるわ」「それは単なる言葉遊びさ、意味がない」ブンダは「あなたは昔の私みたいに頑固ね」と言い、倒れ込みます。レナードは日焼けするぞと言い、ブンダの顔に帽子をかぶせます。ブンダは言います。「あなたは私のヒーローね」

ウォルターは会場にもどりアレックスと会います。「俺を覚えてないな」「覚えてないわ」ウォルターは側で倒れているオードリーを見て「それ誰?」と言いますが、アレックスはオードリーの事が分かりませんので「知らない」と答えます。ウォルターは「もう行った方がいい」と忠告しますが、アレックスは「オードリーが目覚めたらね。私は記憶を失って目覚めたばかりの孤独がいかに辛いか知っているから」と答えます。

ウォルターは会場を立ち去り、ガイスト社から家に戻ります。助手席に置いてあったホームカミングの資料を見ます。そこには沢山の入居者リストが掲載されています。ウォルターはこの記憶を失った仲間たちに真実を告げることを決意し、ガイスト社を離れ車を走らせます。

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード7「再演」の感想・評価・解説

『ホームカミング』シーズン2もいよいよ最終エピソード「再演」です。「再演」と訳していますけど英語タイトルは「again」なので、本当は前のエピソードでのガイスト社のイベントに「再び」戻るというだけの意味だと思うんですよね。まあ間違いではないですけど、わざわざ変に訳していると思います。いずれにしても、前のエピソードでは我々観客は裏側で起こっていることを知らなかったので訳が分からない部分がありましたが、今は全部知っていますので、伏線が回収され物語がつながった事になります。

本エピソードで観客の私たちにとって謎はすべて解けた上に、登場人物のアレックスとウォルターにとっても、なぜ記憶を失うことになったのかを知ることになります(といっても記憶そのものは戻らないのがポイント)。そこから2人がどう考えどう行動するかが描かれる訳ですが、ここが本エピソードの見どころになります。

ウォルターは資料とレナードの話から、自分の記憶を喪失させられた事を知り、すべて無かったことにするために皆にローラーを飲ませます。アレックスもそれを止めなかったのは、記憶は戻りませんが「何か自分が悪いことをした」「ローラーやガイストが端的に良くないもの」という感覚を感じ取っていたからでしょう。これで皆が記憶を失って終わりというのは、設定的にはまあ許せますが脚本的にはもうひと工夫して欲しいところですね。

とは言えオードリーとアレックスのラストまでのやり取りはとても良かったですね。記憶は無くなっているのですが、何か自分にとって大切な人と感じるのでしょうか、オードリーの元をすぐには離れず、記憶がもどった孤独さを和らげるため側にいようとするのはなかなか胸が熱くなるシーンでした。

『ホームカミング』シーズン2、全体通しての感想としては「観て損はなかったな」という感じです。シーズン1が傑作だったので比べてみると物足りない部分はもちろんあります。謎については答えがある程度予見できるものですし、細かい伏線や謎が沢山ある反面、謎解きが一気に進みすぎて、逆に「その伏線必要だった?」という設定も多いように感じました。

ただ一方ではシーズン1でも魅力に感じた、登場人物どうしの会話のやりとりや感情の移り変わりについては、そうしたドラマを表現しようした作り手の意思は感じました。オードリーとアレックス、アレックスとウォルター、オードリーとレナードなど。ただやはりシーズン1のハイディとウォルターのやりとりと比べてしまうと、貧弱なのは否めません。シーズン1ではカウンセラーと患者という、必然的に関係が深まるという設定も良かったのかもしれませんね。ただ全体としてはやはり面白かったドラマです。

演者としては個人的にはシーズン1に引き続き、オードリー役のホン・チャウが良かったですね。シーズン1ではちょい役でラストでぐっと存在感出した感じでしたが、本作では準主役という役どころで、ガイスト社で急に出世しチャンスを掴んだキャリアウーマンの、あるいは、レズビアンカップルのパートナーの片割れとしての感情や行動を仕草や表情でうまく表現できていたと思います。年齢的にはもう若いという感じではないので、今後高い演技力が要求されるような難しい役どころにチャレンジして欲しいですね。

もう1人主役のジャネール・モネイ。こちらはなかなか絵になるというか雰囲気のある女性ですね。声の感じも少し渋くて、今回の謎めいたプロフェッショナルかつレズビアン役はとてもフィットしていたと思います。コロナ禍のため公開が遅れた『ハリエット』でも良い演技をしていたそうなので、こちらも楽しみです。ただ1点、『アップロード』のアンディ・アローにも感じたのですが、女性ということを差し引いてもあまり背が高くないんですね。ホン・チャウとのやりとりではあまり感じませんでしたが、ウォルターやクレイグとのやりとりではかなり小さく見えるので、格闘で互角に渡り合うとかいった役は少し無理があるように感じてしまいました。少し役は選ぶかもしれませんが、ただオーラはありますね。

『ホームカミング』シーズン3については現在未定のようですが、シーズン2の評判からすると無いかもしれませんね。個人的にはぜひ嫌われ者のコリン・ベルファストの前日譚か後日譚をやって欲しいですが笑

-映画

執筆者:

関連記事

ザ・ボーイズ_s1e5

ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1エピソード5「信念」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『THE BOYS』

Amazonオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ THE BOYS』シーズン1エピソード5「信念」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています。 …

ホームカミング_s2e6

ドラマ『ホームカミング』シーズン2エピソード6「針」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『Homecoming』

Amazonオリジナルドラマ『ホームカミング Homecoming』シーズン2エピソード6「針」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説しています …

ザ・ループ_シーズン1_エピソード4

『ザ・ループ』シーズン1エピソード4「エコースフィア」ネタバレあらすじ伏線解説登場人物Amazonオリジナル『TALES FROM THE LOOP』

Amazonオリジナル『ザ・ループ』シーズン1エピソード4「エコースフィア」のあらすじをネタバレで、登場人物、伏線ストーリー、結末ラストを詳しく解説しています。 Amazonオリジナル『ザ・ループ T …

AI崩壊

映画『AI崩壊』ネタバレで内容あらすじ結末・感想や評判を解説

実際に映画館で観た感想をもとに、映画『AI崩壊』の内容・あらすじ・結末をネタバレで解説しています。監督や出演俳優・キャスト、感想や評判も紹介します。 大沢たかお主演、『22年目の告白-私が殺人犯です- …

ザ・ループ_シーズン1_エピソード8

『ザ・ループ』シーズン1エピソード8「ホーム」ネタバレあらすじ伏線解説登場人物Amazonオリジナル『TALES FROM THE LOOP』

Amazonオリジナル『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』エピソード8「ホーム」について詳しい内容・ストーリーや伏線、登場人物と関係、結末・ラスト、感想や解説を紹介します。 ※Ama …