工藤元(kudogen)公式 映画・ドラマ評論家

工藤元(kudogen)。1990年生まれの31歳。大阪府在住。 映画・ドラマが大好きで、年間200タイトル以上を視聴しています。工藤元(kudogen)公式では、私が実際に視聴した映画・ドラマを、あらすじ・ネタバレでご紹介。感想・解説・評価もあわせてご紹介します。

映画

『ザ・ループ』シーズン1エピソード3「静止」ネタバレあらすじ伏線解説登場人物Amazonオリジナル『TALES FROM THE LOOP』

投稿日:2020年4月8日 更新日:

Amazonオリジナル『ザ・ループ』シーズン1エピソード3「静止」のあらすじをネタバレで、登場人物、伏線ストーリー、結末ラストを詳しく解説しています。

Amazonオリジナル『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』シーズン1エピソード3「静止」について詳しい内容・ストーリーや伏線、登場人物と関係、結末・ラスト、感想や解説を紹介します。

※Amazonオリジナル『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』の登場人物と相人間関係、製作・監督・俳優キャスト、感想や評判、原作者と原作との違いについては別記事で詳しく解説しています。

ザ・ループ TALES FROM THE LOOP シーズン1 (字幕版)

『ザ・ループ』各エピソードのネタバレあらすじ

『ザ・ループ』シーズン1

『ザ・ループ』シーズン1の各エピソードについては、他の記事で詳しく解説しています。

『ザ・ループ』シーズン1エピソード3「入れ替わり」のネタバレあらすじ(概要)

メイはジェイコブと付き合っていましたが、ドキドキする気持ちが薄らいでいました。そんな時、湖で懐中電灯のような「謎の機器」を拾い、同じ学校のイーサンと知り合います。

メイとイーサンはお互いに惹かれ合います。2人はセックスしようとしますが、メイの母親の監視があり失敗します。メイは「謎の機器」のエネルギーをループから手に入れスイッチをオンにします。なんと「謎の機器」には時間を止める力があったのです。

2人は時間の止まった世界で、愛を語り合い、セックスを楽しみます。2人だけの世界はいつまでも続くかと思いました。イーサンは「メイを1人にしない」と約束します。しかしある日、元の世界に戻ろうとした時「謎の機器」が動きません。エネルギー切れのようです。

エネルギーを探しにループの従業員の家に入りますが、そこでメイは母親の不倫セックス現場を見てしまいます。怒り興奮するメイと、なだめようとするイーサンは喧嘩して、「ビッチ」「障害者」と言い合います。

イーサンはショックを受け1人で「謎の機器」のブレスレットを外して、自分の時間を止めてしまいます。メイは「謎の機器」を作動させ、時間を動かしますが、2人がまた付き合うことはありませんでした。イーサンが「メイを1人にしない」という約束を破ってしまったからです。

『ザ・ループ』シーズン1エピソード3「入れ替わり」のネタバレあらすじ(詳細)

※ネタバレであらすじを紹介しています。未見の方はご注意ください。

「謎の機器」

メイは1人部屋にいてレコードに針を落としジャズを聞いています。手には懐中電灯のようなスイッチがついた「謎の機器」を持っています。ジェイコブ(中身はダニー)とキスし「愛している」と言われ(伏線です)スケッチをもらった時を思い出します。

「ときめいてドキドキする気持ち、特別だと感じる瞬間もいつか終わる。なぜ永遠に続かないのだろう」メイはジェイコブから心が離れているようです。

メイの母親は、化粧台で緑のイアリングを外しています(伏線です)。

父とメイは湖で釣りをしています。少し沖に何か見つけて拾い上げます。「謎の機器」です。メイは釣具箱に入れて持ち帰ります。家に戻ろうとした時に展望台に同じ学校の生徒が1人でいるのを見かけます。

メイは家に戻り、「謎の機器」のスイッチをオンにしますが何も起こりません。バッテリーが切れているようです。機器の一部が外れブレスレットになり、メイは身につけます。

母親が部屋に入ってきて早く着替えるように言われますが、無視します。メイは母親とわだかまりがあるようです。両親と車に乗ります。母がラジオのスイッチを黙って切ると、父がまた黙って入れます。両親もうまくいっていないようです。

イーサンとの出会い

メイ・ジェイコブ・両親は食事をしています。レストランでは結婚式が開かれています。ジェイコブがグラスを倒して濡れてしまい、メイがカウンターに布巾を取りに行きます。カウンターには、湖で見かけたあの男(イーサン)がいます。

イーサンは結婚する2人を見て「続くと思うか?」と聞きます。メイは「続くといいわね」と答えます。「さっき湖にいた?誰かと」「1人でいた」「なぜ?」「1人も悪くない」私は1人は嫌」(伏線です)

イーサンは「ここじゃない所を散歩しないか?」とメイを誘います。メイは、母親をちらりと見て首を縦に振ります。

2には森の中を歩きます。イーサンは、右足が悪いようで少しひきずりながら歩きます。「その足は生まれつき?」「そうだ」「痛むの?」「時々ね」「皆いろいろあるよね」

森の中でメイが木の皮を剥がします。イーサンは「森は時の流れが遅いって」といいます。メイは「嘘よ」と答えますが、イーサンは「本当ならいいのに」と答えます(暗にずっと一緒にいたいと言っています)。メイは笑います。

「足を見てもいい?」イーサンが靴紐を取り、足を出します。曲がった足を見てメイは聞きます。「普通の足ならどうする?「走る」「きっと速いわね」

メイは男の膝に手を置き、2人の間に良い雰囲気が漂います。その時、「メイ!」と呼ぶ声がします。2人は見つめ合い、男は「また」と言い、メイは森を出ます。

メイとイーサン

家に戻るとメイは「謎の機器」を分解します。中からは何か透明な棒のようなものが出てきます。これがエネルギーなのでしょう。ベッドで日記をつけていると、母が入ってきて部屋を片付けるようにいいます。母はメイの頭をなでながら私もこんな髪だったと言います。メイは母に結婚した時の話を聞きます。

メイはイーサンと散歩しています。メイはイーサンに「学校とは別人ね。いつも無口」と言いながら、イーサンの指に触ります。イーサンは聞きます「まだジェイコブとつきあってるの?」

メイは「ついてきて」といい、ループの装置の横で何かを修理している作業員と車に近づきます。イーサンに「何をしているか聞いて」と言い、作業員と話している間に、メイは車の中からあの機器にあった透明な棒のようなものを盗み出します。

家に戻ると、メイは透明な棒のようなものを機器に挿入します。メイは「分解しては元に戻す趣味がある」と言い、ハンダを使って修理します。イーサンに「君の部屋は?」と聞かれ、メイは部屋に入れます。

イーサンが、ベッドに座るとメイのスケッチ(ジェイコブ作)が目に入ります。「君はスケッチよりもきれいだ」言うと、メイは音楽はかけながらイーサンの隣近くに座ります。メイはイーサンの肩に自分の頭を乗せ、イーサンもメイの頭にもたれかかります。メイが顔を上げ2人は見つめ合いキスします。イーサンがベッドに横になると、メイが上からのしかかります。

その時突然、メイの母親が入ってきます。イーサンは母親に外に出るように促されます。メイの母親は、鋭い目つきでメイを睨みます。

「謎の機器」の力

メイが機器のスイッチを入れると、何かが作動したような音と感触があります。両親を呼びますが、何の音もしません。機器を持って降りていくと、父と母が固まっています。時間が止まっているのです。

翌日学校で、メイはイーサンに「見せたいものがある」と体育館に連れ出します。男にブレスレットを渡して付けさせた後、メイは「これでずっと一緒にいられる」と機器のスイッチを入れます。2人で廊下に出ると、先生やクラスメートが固まっています。学校の皆が固まって時間が止まっているのです。中にはジェイコブもいます。

「なぜ僕らだけ?」イーサンが聞くと、メイはブレスレットを揺らします。どうやらブレスレットを付けていれば、時間が止まった中でも動けるようです。

町に出ると人や車、自転車、動物など全てが止まっています。2人はバーに入り、これからどうする?と言います。カウンターで2人は手を合わせ握り合います。イーサンがキスしようとするとメイは離れます。イーサンが戸惑っていると、メイは外へ連れ出します。

2人は町の道路の真ん中でキスします。突然、服を脱ぐメイ。驚くイーサンに言います。「いいでしょ。こんなチャンスない」2人は町の道の真ん中でセックスします。メイは車の上に乗り、周りを見渡します。イーサンが「夢みたいだ」と言うと、メイは「ここを通るたびにいましたことを思い出すわね」と言います。「いつまでこのまま?」と聞かれたメイは「好きなだけいれる」と答えます。

メイは「憧れの家だったの」と1軒の家に連れていきます。2人は庭のブランコに並んで座り湖を眺めます。イーサンはメイに中国語で「愛してる」と何て言うのか聞きます。「我愛你」2人は何度も「我愛你」と笑いながら言い合います。

アーチェリーを使うイーサンに、メイが聞きます。「何か怖いものは?」「蛇かな。君は?」「1人になること」メイは答えます。「私しかいないなんて嫌。自分が嫌いだから」い^サンは「僕がいる。ずっと一緒だ」と言い、メイは「約束する?」と念を押します。

2人はオートバイで走ります。もっと速く!2人は、スーパーで食材を選び、食事をして、アーチェリーをして、セックスして、ブランコに座り語り合う、そんな毎日を送ります。

ある日ベッドでメイが「どのくらい経つ?」と聞くとイーサンは「1ヶ月くらい?」と聞きます。「もっとよ」と答えるメイに、イーサンは「(元の世界に)戻れるの?元に戻ったらジェイコブと別れる?」と聞きます。

メイは一度「多分ね」と答えた後、「もちろんよ」と言い直します。イーサンは嫉妬したのか、メイに詰め寄ります。「どっちなんだ?」「もちろんと言ったよ」メイは返事をします。イーサンは「妙な感じだろうな、元の生活に戻ったら。でも好きな時にまたできるんだよね、セックス。今度は夜にする?」

メイは「OK」と言いますが、男の目的が体だけのような気がしていい気がしません。メイは、「謎の機器」のスイッチをオフにします。しかし、何も起こりません。メイは何度もスイッチをオン・オフしますがは動きません。イーサンは「壊れた?戻れない?」と、しつこく聞きます。メイはいらつき、うんざりしたように男を見ます。

メイは機器を開けて、透明な棒のようなエネルギーを取り出します。壊れているようです。「新しいのがいる。多分これで直る」イーサンが聞きます「どこで手に入る?」

母親の不倫

メイは作業車を見つけてハッチを開けますが、そこにはエネルギーがありませんでした。2人は作業員の家に入り、工具箱を開けたり家探ししますが見つかりません。メイは床で見慣れた緑のイアリングを見つけます。母親のものです(伏線回収)。寝室に入っていくと、メイの母親がベッドで作業員とセックスしている瞬間で固まっていました。

そこにエネルギーを見つけたイーサンが「禁じられた恋」などと軽口を叩いて近づきます。女の顔を見て、メイの母親であることに気づきます。「すまない」と謝りますが、メイは強い口調で「黙ってて」と言い、ヒステリックに母親の服を外に撒き散らします。

「(母親がセックスの後)裸で出てくればいい」と言うメイをイーサンはなだめようとしますが、メイは興奮して言うことを聞きません。思わずイーサンは「ビッチ!」と言ってしまい、メイは「障害者のくせに!」と言ってしまいます。イーサンはショックを受けて、メイに「謎の機器の」エネルギーを渡し立ち去ります。

メイはセックスする母親達を改めて見て、母親の歓喜の表情に気が付きます。それは、家にいるときの沈んだ顔とはまったく違うものでした。母親は女として、ときめきドキドキしている事に気づき、複雑な思いのもと立ち去ります。

メイは外に出て「イーサン!」と呼びますが、返事はありません。イーサンはもうどこかに行ってしまっているようです。メイは町を走りまわり探しますが、返事はありません。

メイはイーサンと初めて会った湖に行き、展望台でイーサンに会います。メイは自分の気持ちを伝えます。「戻れない?(戻りたいというニュアンス)と聞かれたときに傷ついた」「イーサンがもういなくなるのかと思った。そんな時に不倫するママを見て、とても傷ついている。私は1人では耐えられない。あなたが必要」

しかしイーサンから返事はありません。イーサンは動かず展望台で固まっていて、ブレスレットが今まさに落ちそうになっています。そうです、イーサンはブレスレットを外し、この世界にただ1人メイを残していたのです。

イーサンもまた、「障害者」と言われたことに深いショックを受けていました。メイは「謎の機器」をオフにします。ブレスレットが展望台に落ち、イーサンが目覚めます。イーサンは、ブレスレットを拾いってメイに返します。悲しそうな顔で立ち止まりますが、最後はメイを1人残して立ち去ります。

イーサンとの別れ

メイは1人部屋にいます。「ときめいてドキドキする気持ち、特別だと感じる瞬間もいつか終わる。なぜ永遠に続かないのだろう」メイは「謎の機器」をベッドの下にしまいます。

メイは父親と湖に2人でいます。父親がメイに「何か悩み事か?」と尋ねると、メイは「もうすぐ別れるかも」と答えます。父親は「永遠じゃないから尊いこともある」と独り言のようにつぶやき、メイは父親の顔を見つめます。家に帰ると母親が化粧しています。メイは不倫現場で拾ったイヤリングを母親に返します(伏線回収)。母親はメイに不倫を知られたことがわかります。

メイは町を1人歩いています。向かい側にイーサンを見つけ、イーサンも気づきます。2人はお互い止まって見つめ合います。少し時間をおいて、イーサンはメイに向かい道を渡ってきます。メイは逃げますが、イーサンが「待って」と呼びとめます。

イーサンが「僕が何かした?」と言うと、メイは「約束を破った(1人にした)」と答えます(伏線回収)。イーサンは「君はひどいことをした(障害者と言った)」と言い、少し笑顔になり「愛してる(我愛你)。」と中国語で言います(伏線回収)。しかし、メイは笑顔でも悲しみでもなく少し憂いだ複雑な表情で立ち去ります。

『ザ・ループ』シーズン1エピソード3「入れ替わり」の伏線・ストーリーと感想・解説

シーズン1エピソード3では、ジェイコブの恋人メイが主人公で、エピソード丸ごと浮気の話です笑 エピソード2ではジェイコブと付き合いたてなので楽しそうですが、心がやや離れかけてからという話なんでしょう。ただ、正直このエピソードで描かれる、メイの気持ちや行動にまったく共感できませんでした。

浮気自体は分からなくもないのですが、戻ったらジェイコブとどうする?と聞かれた時の曖昧な答え方、イーサンとの口論でも「障害者」発言、その発言の正当化、自分の気持ちや行動の説明など、なぜこうなる?という展開の連続でした。母とも確執があるのか無いのかよく前半では読み取れなかったので、最後のシーンの必要性もよく分からなかったのもあるかもしれません。

まあ移ろいやすい女心と言ってしまえばそんなものかもしれないのですが、個人的にはこのエピソードは感情移入できませんでした。そもそもシーズンとして必要のあるエピソードなのかもよく分かりませんでした。

この「ループ」というドラマそのものが、「ループ」そのものの謎を解明する物語というよりは、「ループ」の力が町に住む人々への影響を与え、それがヒューマンドラマになるという流れで進んでいくので、そういう意味では大きく外れてはいません。ただエピソード1や2ほどのインパクトというか納得性は無かったですね。この後のエピソードでメイの行動を理解する助けになるのかもしれませんが・・・くどいようですが、個人的にはこのエピソードは全く評価しません。

題材としては「時間を止められる」という力を手に入れたことで起きるドラマです。エピソード1で「タイムスリップ」→エピソード2で「心の入れ替わり」ときて、エピソード3では「時間を止められる」きたので、またかとニヤニヤして見またが、エピソード1・2とこれまで良い意味で「使い古されたアイデアだが全体としては新鮮味がある」という話だったのが、エピソード3は「使い古されたアイデアが全体としてもどこかで見た感じで終わった」という話になってしまっています。これは非常に残念でした。脚本が悪いですね。

ただ俳優は悪くないと思いました。このエピソードの主役であるメイ(ニコール・ロー)は、同じアジア系だからかもしれませんが、表情や仕草だけで複雑なティーンの少女の感情や気持ちをよく表現していると思いました。ラストのイーサンと別れるシーン、あの何とも言えない表情はとても良かったです。少し表情がチョウ・ドンユィ(周冬雨・Zhou Dongyu、『サンザシの樹の下で』『恋するシェフの最強レシピ』など)を彷彿させる感じです。

イーサンは特に良くありません笑

ザ・ループ TALES FROM THE LOOP シーズン1 (字幕版)

-映画

執筆者:

関連記事

ザ・ループ_シーズン1_エピソード4

『ザ・ループ』シーズン1エピソード4「エコースフィア」ネタバレあらすじ伏線解説登場人物Amazonオリジナル『TALES FROM THE LOOP』

Amazonオリジナル『ザ・ループ』シーズン1エピソード4「エコースフィア」のあらすじをネタバレで、登場人物、伏線ストーリー、結末ラストを詳しく解説しています。 Amazonオリジナル『ザ・ループ T …

スキャンダル

工藤元(kudogen)の映画あらすじ・ネタバレ解説『スキャンダル』

※2021年9月14日更新 公開初日に実際に映画館で鑑賞した映画『スキャンダル』のあらすじを詳細までネタバレで紹介、伏線や結末ラスト、実際の事件との違いを詳しく解説しています。 2020年2月20日( …

AI崩壊

工藤元(kudogen)の映画あらすじ・ネタバレ解説『AI崩壊』

※2021年9月10日更新 実際に映画館で観た感想をもとに、映画『AI崩壊』の内容・あらすじ・結末をネタバレで解説しています。監督や出演俳優・キャスト、感想や評判も紹介します。 大沢たかお主演、『22 …

ザ・ループ_シーズン1_エピソード2

『ザ・ループ』シーズン1エピソード2「入れ替わり」ネタバレあらすじ伏線解説登場人物Amazonオリジナル『TALES FROM THE LOOP』

Amazonオリジナル『ザ・ループ』シーズン1エピソード2「入れ替わり」のあらすじをネタバレで、登場人物、伏線ストーリー、結末ラストを詳しく解説しています。 Amazonオリジナル『ザ・ループ TAL …

アップロード_7

『アップロード』シーズン1エピソード7「パパの見学」あらすじネタバレ登場人物伏線解説Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

Amazonオリジナル『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1エピソード7「パパの見学」のあらすじをネタバレで、伏線ストーリー、結末ラスト、登場人物と人間関係、感想や評価を詳しく解説 …